ワイドナショー出演取りやめ 改めて松本人志さんの人権について考える

松本人志さんがワイドナショーに出演しないことが決まった。この件に関してはもちろん被害を訴えている側の女性の人権の問題についても考えなければならないが松本さんの人権についても考慮する必要がある。

関係者が選んだ道は「面倒な問題には関わらない」ことだった。吉本興業は徐々にラインをずらし「松本さん個人の問題」に落としこもうとしている。極めて日本的な解決方法だ。

徐々にスタンダードが作られてゆき「何が良くて何がいけないのか」が空気によって決まるのが日本式だ。今回の件は日本でどのように改革が進むのかを示す好例となった。

“ワイドナショー出演取りやめ 改めて松本人志さんの人権について考える” の続きを読む

松本人志氏が芸能活動を休止し法廷闘争に専念 時代の転換を感じる幕引き

吉本興業の松本人志氏が芸能活動の休止を発表した。お笑い界と吉本興業に強い影響力を持つうえ、奔放な私生活もウリの一つになっている。この強気なイメージを維持しつつ吉本興業とテレビ局が抱えるリスクを問題から切り離すためにはこれしかなかったのだろう。週刊文春側は報道に自信を持っているとされるが、気になるのはやはり間に挟まれることになる告発者の人権問題である。

本来ならばテレビのワイドショーで総括すべき問題だが、おそらくこの件に関してテレビやテレビとつながりをもつ新聞社が分析を加えることはないだろう。報道機関としては「終わった」といっていいのかもしれない。あまりにも複雑な利害関係が生まれておりおそらくテレビ局は自分達で自分達を総括できなくなっている。

2011年に島田紳助さんが引退した時、原因とされたのは「反社会勢力」だった。吉本興業が地場のお笑い産業からテレビコンテンツプロバイダーに成長したことで島田さんのような存在を包含できなくなった。同じように松本さんの件も新しい時代の転換を意味しているのかもしれない。ある意味では「放埒さ」とみなされていたのだろうが国際的なエンターティンメント産業はこうした放埒さから切り離されなければならない。

松本さんがどう戦いどう戻ってくるのかにも注目したい。

“松本人志氏が芸能活動を休止し法廷闘争に専念 時代の転換を感じる幕引き” の続きを読む

スキャンダルで却ってやる気になった松本人志氏 放送局が作るモラルハザード

文春のスキャンダルが出たことで松本人志氏が却ってやる気になったようだ。「いつ辞めても良いとおもっていたんやけど…… やる気が出てきたなあ」とXでコメントした。

吉本興業は放送局と資本関係にある。このため「守ってもらっている」という意識があるのだろう。さらにファンも彼の気持ちを高揚させる。Xの投稿には応援コメントが多数寄せられている。

これを見た若手たちが「これくらいのことはやっても良いんだ」と考えても不思議ではない。テレビ局は両論併記で乗り切ることでモラルハザードを引き起こしたことになる。

“スキャンダルで却ってやる気になった松本人志氏 放送局が作るモラルハザード” の続きを読む

「松本人志事案報道」を全否定 ジャニーズ問題から何も学ばなかった吉本興業とマスコミ

松本人志さんに性加害スキャンダルが出ている。文春は報道に自信を持っているようだが吉本興業は全否定した。吉本興業はジャニーズ問題から何も学ばなかったのだなと感じた。中でも気になったのが「客観的事実」という用語の違和感だ。そんな日本語はない。メディアも両論併記にとどまっておりジャニーズ事件から全く学んでいないことがわかる。

“「松本人志事案報道」を全否定 ジャニーズ問題から何も学ばなかった吉本興業とマスコミ” の続きを読む

宝塚歌劇団の生徒さんたちが「実は私たちは異常な状態にあった」と気がついてしまう 報道の激化で広がり続ける動揺

宙組25歳の劇団員(宝塚歌劇団では「生徒さん」と呼ぶ)の不幸な事故をきっかけにした報道の波紋が広がり続けている。中でも深刻なのは宙組の中に動揺が広がっているという点だ。「実は私たちは「生徒」というなのもとに搾取されていた」と気がついてしまった。

彼女たちが当たり前だと思っていた境遇は世間から見るとかなりブラックなものだった。報道を通じて閉ざされた世界にいた彼女たちがそれを知ってしまったのである。

歴史を紐解いてゆくと問題の根幹には「劇団員を生徒と呼ぶ」という慣習がある。小林一三が提唱したスタイルだがいつしか搾取のための装置になってしまっていた。芸能人を独立したアーティストとして尊重しなかった弊害が出ているのだ。

今後このような歌劇団に子女を預ける良家の親は減ってゆくかもしれない。宝塚の生徒は良家の子女というブランドイメージが剥落した上にあまりにも閉ざされた異常な世界だということがわかってしまったからである。生徒さんの再定義をしない限り宝塚歌劇団は復活しないだろう。これまでの問題をなかったことにはできないからだ。

“宝塚歌劇団の生徒さんたちが「実は私たちは異常な状態にあった」と気がついてしまう 報道の激化で広がり続ける動揺” の続きを読む