アメリカ民主主義の混乱とバイデン大統領の支持率低下

バイデン大統領の支持率が下がっている。アフガニスタン撤退がきっかけになり、新型コロナウイルス対策が重なったとCNNは分析している。民主党も共和党も支持していない無党派の離反が響いているようだ。一方で民主党支持者の支持は維持されている。このため、外に敵を作る手法がますます目立つことになり「アンチ」も増えている。国民の一体化が必要なアメリカの民主主義は危機にあるといって良い。

この不人気はバイデン政権が要の政策として掲げるインフラ関連法案(ビルド・バック・ベター)の成立を難しくしているのだが影響はそれだけではなさそうだ。

“アメリカ民主主義の混乱とバイデン大統領の支持率低下” の続きを読む

新型コロナウイルスは政治的にはただの風邪になりつつある

今回は小池百合子東京都知事について考える。決して責任を取らず「やっているフリ」に徹する政治家である。今回は「なぜこのような人が長年都知事でいられるのか?」という分析をする。いろいろ調べてゆくと小池さんのように責任を取らない人が長年リーダーでいられるのには納得できる理由があることがわかる。要するに小池都知事はみんなが聞きたいことを言っているだけなのだ。

これをコメンテータ型の政治と呼ぶことにする。一億総他人事社会にふさわしい政治的リーダーだ。

“新型コロナウイルスは政治的にはただの風邪になりつつある” の続きを読む

バイデン大統領がロシアのウクライナ介入を容認してしまう

国際社会は今ウクライナ情勢を懸念している。前回の北京オリンピックに前後してジョージア(グルジア軍)とロシア軍が先頭を起こしたという前例があるからだ。

そんな中、バイデン大統領がウクライナへのロシア介入をうっかりと認めてしまった。ロシア議会はさっそくウクライナに親ロ政権ができた時にすぐさま承認できるようにという要請を始めた。これは日本に取っても影響が大きい。中華人民共和国が台湾に介入するためのケーススタディになり得るからである。

日本人はアメリカを定数のように考えたがる。だが、実際にはアメリカは巨大な変数になりつつある。平たい言葉で言うとアメリカ大統領の動きによって日本の安全保障はかなり危険な状態に陥る可能性がある。もっと平たい言葉でいうとアメリカはそれほどあてにならないしバイデン大統領はなおさらだとなる。

“バイデン大統領がロシアのウクライナ介入を容認してしまう” の続きを読む

民主主義が必要なかったトンガ王国

トンガでフンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山が噴火してしばらくがたった。フンガ・トンガ=フンガ・ハアパイ火山はカルデラ噴火を起こしたものと考えられる。カルデラ噴火は通常の噴火と違い周囲に壊滅的な被害を与える。日本では鬼界カルデラの噴火で南九州の縄文文化が滅んだとされている。このことからカルデラ噴火の大きいものを破局噴火と言ったりする。

トンガの噴火は「破局」まではいかなかったがトンガの経済や政治に大きな影響を与えるだろう。すでに世界各国からの援助の申し出がある。各国は援助を足がかりに経済的なつながりを保とうとする。この結果、もしかしたら親中国家が一つ増えるかもしれない。トンガの民主主義はそれほど発展していないからだ。

“民主主義が必要なかったトンガ王国” の続きを読む

小池百合子東京都知事の危険な「五類」ゲーム

当初の予想通りオミクロン株が拡大しはじめた。東京都の感染者は7000人に達した。これを受けて政府はまん延防止等重点措置の適用範囲を議論し始めた。このブログは部分最適と全体最適ゲームという観点から様々な問題を見ているのだがコロナ対応も例に漏れずこの類型に当てはまっている。

政治家たちは誰にも恨まれたくないので意思決定を避けている。判断を任された飲食店は困惑し市民たちもどう行動を変えていいかわからない。病院は自己防衛に走り緊急搬送が困難になる事例が増えている。

だがそれだけではない。誰も意思決定をしないということを見越して責任を回避する人まで現れる。今回はそれを五類ゲームと名付けた。

“小池百合子東京都知事の危険な「五類」ゲーム” の続きを読む

2024年トラック輸送問題と非協力社会

きっかけはくだらない疑問だった。トラックドライバーが足りないのなら鉄道で運べばいいのではないかと思ったのだ。だが、その疑問を調べていて長距離ドライバーが足りないという問題は実はかなり深刻な問題になっているのだということがわかった。2024年に再びトラックドライバーの不足が問題になりそうなのだ。

“2024年トラック輸送問題と非協力社会” の続きを読む

聴く力の岸田政権のオミクロン対策は予め失敗が予想されているのだが……

東京都の感染者数が倍増している。1月1日時点では100人に満たなかったが、みるみるうちに2000人、3000人、4000人と増えていった。オミクロン株の流行が始まったのだ。

おそらく岸田政権のオミクロン株対策は失敗するであろうと思った。岸田政権は聴きすぎるからである。

一方で、事態は混乱するであろうがこれが直ちに岸田政権の基盤には影響しないだろうとも思う。民主主義が定着した国と違い日本人はそれほど政治には期待していない。

“聴く力の岸田政権のオミクロン対策は予め失敗が予想されているのだが……” の続きを読む

日本の政党政治は韓国型政党政治に近づきつつあるのか?

今回は日本の政党政治は韓国型政党政治に移行しつつあるかということを考える「韓国型」とは個人の人気に依存した政党が乱立し結果的に誰に投票していいかよくわからなくなるという状態だ。

「そんなことが起こるはずはない」と多くの人が感じるだろうが維新の会や都民ファーストのような政党はそのような状態になりつつある。最近では国民民主党が小池百合子東京都知事の人気にあやかるために都民ファーストに接近している。つまり日本は韓国化しつつある。

ところが違いも見えて来る。日本人には根強い安定思考があり韓国のように何かをするのではなく何もしないことを選ぶ傾向がある。

まず、BBCのレポートを紹介する。日本では自民党が政権を独占してきた。自民党結党以来、例外は戦後たった6年だけだと言っている。近年の民主党政権と少し前の細川政権・羽田政権を指しているのだろう。つまり日本は一貫して変化しないことを選択し続けてきているというのだ。変化を拒絶しているからこそ自民党が磐石であると考えられているということになる。

“日本の政党政治は韓国型政党政治に近づきつつあるのか?” の続きを読む

混乱が定着しているフランスの大統領選挙

韓国で3月に大統領選挙が行われる。これに引き続き4月にはフランス大統領選挙がある。韓国と同じようにフランスも状況が読めない。かなり混乱しているといえるのだがどうも韓国とは様子が違う。フランスはある意味「混乱なれ」している。ある意味これが民主主義の本来の姿と言えるかもしれない。

“混乱が定着しているフランスの大統領選挙” の続きを読む

四年前に民主主義のお手本とされた韓国の大統領選挙で何が起きているか?

本日のトピックは韓国の大統領選挙だ。かなり混乱しているのだがこれだけでは「隣の国はうまくいっていない」というメシウマ感情を刺激するだけで終わってしまう。

しかし詳しく観察すると二つのことがわかる。2年前に日本の市民派がうらやましさを感じていた草の根的な安倍政権打倒運動が日本で実現していたらどうなっていたのかということと、大阪維新や都民ファーストなどの都市型政党が今後どうなってゆくのかということがわかるのである。

つまりいろいろ探して見ると日本と韓国は案外似ているのだ。

“四年前に民主主義のお手本とされた韓国の大統領選挙で何が起きているか?” の続きを読む