日本全体が吉原のようになっているらしい

清水富美加さんがすべての仕事を投げ出して失踪した。テレビでは仕事を放棄するのはよろしくないという論調だが、ネットではプロダクション側が批判を集めている。プロダクションが搾取したのではないかというのだ。ネットが炎上を起こす裏には自分たちの問題の投影があるからのはずなのだが、それが何なのかよく分からない。ちょっと整理してゆきたい。
まず女優とは何なのかについて定義する。女優は人格が不可分の商品だといえるのだが使役者があいまいだ。それは演出家と女優本人である。前者はいわゆる踊り子であり、後者はアーティストと位置づけることができる。
どうやら清水さんは不満は自分の望まない踊りを踊らされていたということらしい。ただ、この世界の踊り子の一生は悲惨だ。逃げ出すのは死ぬときである。同じ事務所にいた能年さんさんの場合には「本人と不可分である」はずの本名を使えなくなったが、さすがに硫酸で顔を焼けみたいなことにはならなかったが、顔出しできなくなり声だけの仕事を選ばざるを得なかった。
この話はどことなく吉原に似ている。吉原は堀と城門に囲まれた逃げ場のない土地だったのだが、現代の日本は全体が吉原になっているようだ。確かに堀は必要ないが逃げるとしたら名前を捨てるなどして社会的に自殺するか宗教に逃げ込むしかないということになる。新興宗教に逃げ込んだとしても、そこは別の吉原で宗教の宣伝のために使われるだけなのではないかと考えられる。それが今回の話の救いのないところである。
この見方をすると、多くの労働者が自分の境遇に「吉原性」を感じていることになる。ただ、それを口に出してはいえないのだ。
芸能界を吉原に例えるとはいかにも時代錯誤のように聞こえるかもしれないのだが、アイドル契約を結んだ女性の27%はアダルトビデオへの出演など性暴力の危険にさらされると言う内閣府の調査が出たばかりだ。よく分からないのに契約を結ばされるのだが、それがどの程度順法なものか分からない。しかし「芸能界ってそういうものだよ」といわれる。
ユージという同じ事務所のタレントさんが、吉原にいればいいおべべを着ることができて白いまんまも食えるのに何が不満なのかというようなことを言っていた。吉原の芸者さんたちも同じように思っていたかもしれない。さらに「事務所の人たちはみんな良い人たちだった」という。確かに吉原にもいい置屋さんはあったろう。運命を受け入れてやってゆくべきなのかもしれない。
そもそも女優は踊り子である必要はなく、自分の考えを持ったアーティストとして扱われるべきという考え方もある。自分で自分を使役しており、キャリアと人格を切り離すことはできないからだ。自分のキャリアは自分の財産にしたいという欲求は誰にでもあるだろう。しかし「私は自分のキャリアを自分でコントロールしたい」と言うようなことはいえない。キャリアは組織のもので自分は単なる踊り子なのだ。
こういう状態を奴隷という。
さすがに職業人全員をアーティストにするなどというのは無理なのではないかという話になるかもしれない。だが、アーティストと踊り子の間にはもう一つの階層がある。それは組織の理論を理解して職業は職業としてこなすが、普通に党派性を持った一人の人間という存在である。今回はかなり特殊な(多分かなりやばい)宗教なのでこのあたりが見えにくいのだが、普段から芸能人が信仰や支持する政党について言及できないというのは半ば当たり前のことになっている。だが、これが10億円と言う損出につながっているのも確かだ。普段から信仰があることが表明できてればこんなことにはならなかったかもしれない。
例えば「従業員になったら個人の考えをブログやSNSで発信してはいけない」などと当然のように言われることがある。日本人は誰かが自分と違う党派性を持っているということを受け入れられないところがある。そこで、公共の場では信仰もなければ支持政党もないというようなふりをしてしまうのだ。
実は清水さんの問題はこうした息苦しさと地続きになっている。実は芸能界だけが吉原ではないのだろう。われわれは自分の内面を表現するということについて何重にも鍵がかかった部屋に住んでいるといえる。
そう考えてくると清水さんの問題と一般の労働者に共通するものが見えてくる。キャリアや信条などはまとめて人格を形成している。これをすべてなしにして単に機械として社会に奉仕しろという要請を感じている人も少なくないのかもしれない。

病気の犬が教えてくれていること

帰ってきたら洗濯物が風で飛ばされそうになっていた。「仕方ないなあ、誰も気がつかなかったのか」などと思っていたら、家族が叫んでいる声がした。数時間前までなんともなかった犬が庭でぶっ倒れていたそうだ。犬は時々うめき声を上げている。
日曜日なので開いている動物病院がないらしかったが、電話帳を片っ端から当たって見てくれる病院を見つけたみたいだ。
よく犬を飼うなら最後まで面倒をみるべきだなどというが、軽々に言うべきではないなと思った。どんなに可愛かった犬も人間より先に老いてしまう。予兆はあって、足が悪くなってお散歩に行けないということもあったし、後ろ足も震えるようになっていた。「いつかはお別れがくるんだろうなあ」とは思っていたのだが、いきなりぶっ倒れるというのは初めてだった。
とはいえ、洗濯物も畳まなければならないし、日常生活は続いてゆく。待っている間なにもやることがないので、Twitterをながめていた。今日はまた誰かが過去の記事を見つけたらしく、やたらと通知が送られてくるのである。画面には政府の無策を罵るツイートが溢れている。目の前のいつかは潰えてゆく命について考えながら、ある意味、普段通りの世界がそこにはあった。
それは、これまでどおりの不愉快で理不尽な現実が未来永劫続くのではないかという怒りなんだろう。だが「今という瞬間がかなり奇跡的な状態である」ということが瞬時に伝われば、こうした不満は消えて無くなるかもしれないと思った。「不愉快な今」は実は奇跡的な偶然だ。いつまでもは続かない。
もし、それが実感できれば、不満の種そのものはなくならないにしても、少しでもマシな状態に近づくためにどうすればいいかということを一人ひとりが考え始めるのかもしれないとも思った。でも、そういう感情を伝える手段はないし、もしかしたらTwitterの向こうの人たちも大なり小なり「自分の力ではどうしようもない」ことを抱えているのに、こちら側が気がついていないだけかもしれない。
星占いを見ながら「今日は何か悪いことをしたのかな」と思った。だけど、よく考えてくるとそれは誰にでもやって来ることであり、取り立てて運が悪ったわけでも、何かの報いでもない。だから、今知り得る情報の中で、誰が正しくて誰が正しくないかなんて、本当に些細でどうでもいいことなのではないだろうか。
犬は呆然とした様子で戻ってきた。検査の結果、特に悪いところは見つからなかったという。はっきりと「病気だ」とわかれば人間は安心できるが、犬には意味がないことかもしれない。さっきから、どこかここではないところを見ている。過去や未来について思い煩うことはない。犬には現在しか存在しないからだ。しばらくはこうした状態が続くんだろうなあと思った。

幸せはどこにあるのか – 日米比較とある仮説

先日「スライスパン以来のすごいこと」という英語の表現について調べていたところ、セス・ゴーディンのTED公演を見つけた。記憶に頼っているので間違いもあるかもしれないが、テーマはアイディアを広めるということで、次のような内容だった。

情報が蔓延した現在、みんなが買うようなありふれたものは誰も口コミに乗せてくれない。口コミに乗るのはとても珍しい「紫の牛」だけだ。紫の牛はとても目立つが、普通の人は「なんだこれは」というだけかもしれない。しかし、それを熱心に支持する「オタク(日本語で使われている)」がそれを熱心に語るだろう。

確かにこれは当たっているように思える。たとえばアパレルではマーケティングを元に売れ筋ばかりを作ろうとする。いまや売れ筋の定番商品が溢れており、それがメールマガジンやファッション雑誌という形で押し寄せてくる。だが、どれも似たりよったりの内容なので注目に値しない。そこで製造物の半分は廃棄されるか中古市場に流れているのである。
多分アパレルがやるべきなのはあるコミュニティを見つけて、そこに特化した商品を作ることなのだ。そこで盛り上がれば、口コミに乗り流行するかもしれない。ゴーディンのプレゼンテーションにはアパレルの二極化に関する言及がある。
しかし、と考えた。アメリカでこうした紫の牛が成立するのはなぜだろうか。それは「選択というものが人格を決める」という暗黙の了解があるからだ。
たとえばアメリカ人は政治についての意見を持っているべきだと考えられている。「意見がない」とか「分からない」というのは、自分の意見がないということを意味しており軽蔑の対象になる。同じことはスタバでも起こりえる。
当然、自分の選択を正当化する必要が出てくるので、熱心な人は自分が選択したものの「アンバサダー」になる。アメリカ人は説明したがる人たちなのだ。
ところが日本人はそうではない。どちらかといえば「他人から支持されている」からという理由で意思決定をしている。典型的なのがピコ太郎やPokemon GOだった。「みんながやっている」とか「ジャスティン・ビーバーが支持した」というお墨付きが重要で、それがあっという間に広がる。ピコ太郎の衣装が渋谷を席巻するまでに一ヶ月かからなかった。
その代わりに「自分の選択」ということにはあまり自信がない。場合によっては「何でそれが支持されているか」を説明できなかったりする。PPAPの場合には「なぜあれが面白いのか」という理由付けの仮説がいくつも提示されたが、誰も本当のところは分からなかった。だが、理由は簡単で、「みんながやっているからやらざるを得ない」のであり、実は支持する理由はないのだ。
ゴーディンのプレゼンテーションを聞くと、イノベーションを起こす上で重要なのは実はリーダーシップなのだということがわかる。日本ではフォロワーになりたい人が多く、イノベーションが起こりにくいのだと仮説することができるだろう。
こうした違いはブログを書いていても感じる。アメリカ人的なメンタリティを持っている人が多ければ「賛同する」という体で自分の主張を展開する人が出てくるはずだ。しかし、そうした人はおらず、したがって応援や非難ということが起こりにくい。支援してくれる人はいるようだが、自分の意見は決して乗せない。自分の意見を形にするという訓練を受けていないのだろう。ということで、誰も影響を受けない。
そこで統計を見てみんなが読みたがる記事を調べることになるのだが、これはほかの人が書いている記事に似てくるということを意味し、実は逆効果なのかもしれない。
さて、先日「幸せ」について考えた。アメリカやヨーロッパで幸せについて根本的な疑念が生じないのは、幸せが個人の意思決定の総和であるというおおよその了解があるからだ。つまり、幸せの元は個人の中にあり、それが承認されるかどうかということは、あまり重要ではないということになる。
それに比べると日本人の幸せは比較と他人の承認の中に存在する。それが自己決定の結果であっても、他人が承認しなければ幸せということにならない。そこで比較と承認合戦が行われることになる。比較と承認が個人の主観によって形作られており、時代によって変化が激しいので、それは永遠の承認合戦になりがちである。とはいえ、内省してみろといっても無駄なのかもしれない。自分が求めている幸せの基準は外にあるかもしれないし、自分の中にあったとしても説明ができないからだ。
こうした幸せに関する疑念は高まっている。だが、それでも内省する能力がないので「個人がわがままだからこうなった」とか「それは国が管理すべきだ」などと本気で考える人すら出てきた。
アメリカでは、日本の憲法第十三条にあたる権利に関して国が介入すべきだなどという議論は決してしないだろう。イデオロギーの問題というより、個人の選択の自由に集団である国が関与しようなどという議論は決して論理的に起こりようがない。個人と集団の利益(正確には集団を支配する人の個人的利益だが)はコンフリクトする可能性が高いからだ。
さて、TEDの議論でもうひとつ面白いなと思ったのは、オタクという言葉が日本語のまま使われていたことだ。オタクは「何かに熱心になっている」人々で、アーリーアダプター層やイノベータ層の言い換えである。マスタードには興味ないが辛口ソースのオタクは多いというように、視野の狭さもオタクの特徴である。
面白いのはアメリカ人がわざわざ日本人に言及しているところだ。アメリカ人は誰もが説明したがるわけで、オタクのような存在が出てこないのかもしれない。一方、日本人はマジョリティになりたがる人がとても多く、アーリーアダプターが紫の牛状態になっているのかもしれない。

自殺する子供と親の責任

いじめの問題について考えているうちに「子供はなぜ残忍なのだろうか」ということを考えはじめてしまったのだが、その結論は受け入れがたいものだった。子供が自殺に至るほど追いつめられるのは親がそう刷り込んだからだなのではないかと思ったのだ。多分、公共の場でこの様な主張をすればかなりのバッシングを受けるのではないかと思うが、一応書いてみる。






順を追って説明したい。子供は残忍だ。クラス全体で一人の子供を追い詰めることも珍しくない。孤立させた方は大した責任を感じないが、受けた方はストレスを一点で支えるわけで、その苛烈さは想像に難くない。学校に行きたくなくなり、新学期が始まる日を選んで自死を選択する人もいる。新学期が楽しみだという子供も大勢いるのだが、9月1日は子供が一番多く自殺する日なのだそうだ。

使いっ走りとして便利に使っていた仲間が逃げ出したからといって、河原に呼び出して沈めるという事件もあった。沈めれば窒息して死んでしまう可能性があるのだが、そこまで考えなかったのだろう。それくらい虐待に慣れていることになるのだが、心理状態としては戦場にいる兵士と同じようなものなのではないかと思う。

いじめは集団の暴走だという見方もできるわけだが、意外とリスクとリターンが冷静に計算されているのかもしれない。つまり、集団を団結させて自分の集団内の地位を保つために、他人を利用している。この時に「最もコストが低く、影響が少ない」人がターゲットになるのだ。

いじめるコストが少ないとみなされるといじめられる。

すると、コストを高めればいじめが防止できることになる。先生が監視していじめに厳罰を与える(つまり行為に対してのコストを外から高める)か、いじめられる本人が強く出ることで内側から行為のコストを上げると良さそうだ。前者はなかなか難しい。いじめは監視網をかいくぐって行われるし、仲間はずれのように何もしないことでもいじめられるからだ。さらに、先生そのものがいじめの構造を作っていることもある。

すると内側からコストを高める方法を検討すべきだということになるわけだが、このあたりから「なぜ、当事者は抵抗しなかったのか」という問題が出てくる。これがこの考察の最も辛い部分だあった。いじめのターゲットは、生きるためにあえて「搾取されること」を選んでいるのではないかという仮説が排除できなかったのだ。自己肯定感が高い場合は、内側からコストを高めることは不可能だ。これまで「いじめられたいとは思っていない」という仮説で話を展開していた。だからコストを高めることが選択肢になった。しかし、自発的にいじめられているとしたらこの戦略は成り立たない。

その刷り込みが行われる場所は1つしかない。それは家庭だ。普通の家庭では序列化は起こらないはずだが、親が外からなんらかのストレスを受けているか、内在的なストレス(極度に潔癖だったり、潜在的な怒りを抱えているとか)を抱えている場合、その圧力は一番弱いものに向かうだろう。その一点が子供なのだ。子供はその環境を受け入れるしかないわけで「生きるためにストレスを受け入れる」選択をするにちがいない。これがマーカーになり、学校でも「ストレスを引き受ける」ことを選択してしまうのではないかということになる。

このあたりのことは証明しようがないが、デズモンド・モリスの説明を紹介したい。群れの下位にいるメスはコルチゾールの値が高くなる。その子供も影響を受けてコルチゾールの値が高くなる。すると群れの地位が下がってしまうのだそうだ。人間の社会で、子供のコルチゾールの量が高くなるのがどんなときかはわからない。猿の社会的な地位が問題なのかもしれないし、親の接し方が問題なのかもしれない。

この説をとると、子供が追いつめられたのは親のせいだということになる。親がいじめられる行動様式をかなり深刻なレベルで子供に刷り込んでいるということだ。

もっとも、それがわかったところで何の解決にもならない。家庭内の搾取は無意識のレベルに隠蔽されているはずだし、弱いものを抑圧する行動様式を当たり前だと考えているかもしれない。訓練を積んだ第三者がしばらく観察してようやく気がつくレベルなのだろうが、家庭は密室化していて、第三者が入り込む余地はない。

さらに、子供をなくして悲しんでいる親に対して「子供が死んだのはあなたのせいですよ」といったところで子供が返ってくるわけではないし、追い打ちをかけるのは道義的に正しいとも思えない。

あえてできるのは、追いつめられている子供に対して2つの選択肢を与えることだろう。1つは逃げることだ。「図書館にいらっしゃい」などが有名だ。もう1つは「他人に搾取される必要はない」ということを第三者が教えてやることだ。かつては学校の教師がその役割を果たしていたわけだが、最近の学校は階層化が進んでいる。つまり、教師も競争とストレスを受ける側にいるのだろう。実際にはいじめに加担する教師も少なくはない。

いじめは組体操の人間ピラミッドのようなもなのかもしれない。自分が抜け出せばピラミッドがガラガラと崩れてしまうから抜けることはできない。が、その重みは底辺の人間が支えている。だから、もう耐えきれなくなったら力を抜いて圧死するしかなくなってしまうのである。

Google Recommendation Advertisement



劣等機能は飼いならせないのではないか

夢を見た。家族が集まっている(とはいえ知らない人たちだ)席でいろいろと準備をしているが、なかなかうまく行かない。そのうち「いつも準備してもらうばっかりで、男の人はいいわよね」と言われた。すると風呂釜が蒸気を吹き出し大混乱になる。どうしていいか分からなくなり「もう俺は誰とも口をきかないぞ!」と宣言した。
目が覚めて「ああ、自分の劣等機能って感情なんだなあ」と思った。ということで昨日の話の続き。昨日は「劣等機能は、感覚・感情」であり、感覚を鍛えるべきだと書いたのだが、どうやら劣等機能とは意識下にあるものではなく、コントロールもできないらしい。まさに「暴れ馬」で、立腹のあまり目が覚めたくらいだ。
夢解きは簡単だ。普段から人間関係の波風を立てないように感情を殺して、できるだけ相手に沿うようにしているのだ。ただ、それはかなりの抑圧を伴うらしい。平たく言えば「ストレス」なのである。これが過ぎると風呂釜から蒸気が突沸するように感情が爆発し(怒っているとさえ言えないわけである)全ての人間関係を一方的に遮断したくなるのだろう。
では、徐々に練習して感情をコントロールするようにすればいいのかなあ、などと思った。例えば不快な人間(名前のある人に絡むと、横から意味不明なTweetをしてくる人がいる)に「あなた様の考えはどのようなものですか」などと聞かずに「アホかお前は」と言えばいいのだろうか。しかし、そもそもコントロールできないものを不用意に使うと大惨事になりかねないような気がする。
少なくとも「自分の感情を殺して、相手の教師になってやるつもりで優しく接する」みたいなことはしない方がよさそうだ。それは抑圧をさらに強める。「ああ、俺はこいつにむかついているなあ」くらいのことは思っておいた方がよさそうである。感情の吐露は別の方法を見つけた方がいいかもしれない。そう考えると、書くこともセラピーの一つになり得るのだなあと思った。
これも書いた後に感情を手放すことが重要なのだろうと思う。そのためには怒り(人によって劣等機能は異なるはずだ)を意識下に置く必要がある。ちょっとした違和感や怒りというものをないがしろにしない方がよさそうだし、いろいろなことに興味を持っておいた方がよいのではないかと思う。引き出しが多いとそれだけソリューションも増えるからである。
よく介護士や先生がとてつもない犯罪行為に手を染めたというニュースを聞く。職業的な倫理観から、相手に対する(それは被介護者や生徒とは限らない)攻撃性を抑圧しているのかもしれない。そういうニュースを見たときに「この人はもともと適性がなかったのだ」などと決めつけるのはよそう。と同時に「倫理」はときおりとてつもない暴発行為を生み出すのだということが言えそうだ。学校がよく「管理の徹底に努めます」などと記者会見を開くことがあるが、あれは圧力がかかっている蒸気釜にいっそう大きなふたをするのと同じことなのではないかと思う。