派閥の談合で次の総理大臣が決まるのは仕方のないことなのか?

自民党の総裁選が終わった。当初「この文章を書き始めた時点ではまだ誰が総裁になるのかは決まっていないのだがおそらく岸田文雄さんが順当に当選するのだろうなあと思っている」と書いたのだが、やはりそうなった。岸田・高市連合が作られ、改革派の河野候補を潰した。さらに次世代に投資をという野田聖子候補はほとんど無視された。次の選挙は清和会・宏池会の二大派閥連合になりそうだ。地方分配には興味はあるが未来投資にはそれほど意識が向かない上に大きな政策変更や改革はできないという政権である。

“派閥の談合で次の総理大臣が決まるのは仕方のないことなのか?” の続きを読む

セレクトショップ御三家と「新御三家」

バラバラに買ってきた洋服の整理をしている。「セレクトショップ系のものが目立つな」と思ったのだが一体何がセレクトショップなのかがわからない。そこでセレクトショップについて調べてみた。

もともと戦後の日本の男性ファッションの歴史はヴァンヂャケットあたりから始まる。アメリカのIVYリーグのファッション(ブルックス・ブラザーズのことらしい)を持ち込んで国内生産したというのが始まりだと思う。代表の石津謙介さんはメディアにたびたび登場しTPOという言葉を定着させた。だがヴァンヂャケットは1970年代半ばごろから急速に業績が悪化し1978年に倒産してしまう。皮肉なことにあまりにも好調すぎたため経営を急拡大させたことが倒産の原因だったようだ。つまり大きすぎて潰れてしまったのだ。

“セレクトショップ御三家と「新御三家」” の続きを読む

台湾国民党の党首選挙と台湾人の現状

台湾問題に関心を持つ日本人は多いが、日本人の興味は対中国政策であり当事者である台湾人に関心を持つ人は少ない。最近国民党の党首(主席)が変わった。朱立倫さんという人で5年ぶりの復帰なのだそうだ。今回は台湾の現状を観察しながら日本のいびつな対中国政策についても若干考えてみたい。

“台湾国民党の党首選挙と台湾人の現状” の続きを読む

日本人の三層構造説

ニュースで「日本人は縄文弥生の二層構造」ではなく「縄文・弥生・古墳」の三層構造であるという話を読んだ。金沢大学の論文がそう指摘しているそうだ。朝日新聞読売新聞の二つの記事を見つけたがどれも似たようなことしか書いていない。朝日新聞は元論文(英文)へのリンクがありこちらはGoogle先生に読んでもらった。

“日本人の三層構造説” の続きを読む

バイデン大統領は菅総理を呼びつけたがそれを大きく見せたくなかった……

クワッドの会合が行われた。おそらく日本ではアメリカと日本の関係が安泰であることが強調される一方で「退任前の総理大臣が野党の要請による国会も開かずに何をやっているんだ」という論調でも語られるのだろう。

NHKのニュースは菅総理の「日米同盟はこれからも安泰である」というような発言を流していた。日米同盟は精神安定剤としての役割がある。おそらく日本の読者は日本の記事だけをみていれば良いと思う。

“バイデン大統領は菅総理を呼びつけたがそれを大きく見せたくなかった……” の続きを読む

保守主義者にとって多様な価値観はなぜ大切なのか?

現在、ポスト菅の総裁選が行われている。「多様な価値観」に対する理解が欠如しており日本がこのまま成長から見放されたトラックを進むのは確実なように思われる。今日は多様な価値観はなぜ大切なのかを考える。

多様性はなぜ重要なのかと問われるとおそらく多くの人が「欧米では主流の考え方であり」「一人ひとりの生き方が許容されるべきだ」からと答えるだろう。

「ではなぜ文化環境も歴史も違う欧米で主流の考え方を受け入れなければならないのだ?」と問われた時にうまく答えられる人はどれくらいいるだろうか。特に新型コロナ対策などでは一人ひとりの生き方を尊重しているようには思えない中国の方がうまく言っているようだ。だったら多様性など重視しなくても良いのではないだろうか?

“保守主義者にとって多様な価値観はなぜ大切なのか?” の続きを読む

なぜか親中国派と見られている河野太郎

河野太郎候補に関するデマが出たという。毛沢東バッジをつけているという話だったそうだ。親中派とみなされているのだろう。ヤフーニュースのコメント欄ではどうやら高市早苗対河野太郎という図式ができているようである。高市候補に信者がついているのである。

“なぜか親中国派と見られている河野太郎” の続きを読む

トリクルダウンが嘘ならば消費税増税は撤回されるべきではないのか?

政治家は嘘をついてもいい。であれば投票用紙には「公約は全て単なる希望的観測であって実現しないことがあります」という注意書きを入れるべきなのではないかと思う。今回の総裁選もそう思わされるような展開になっている。総裁選において岸田候補だったかが「トリクルダウンは結局起こらなかった」というようなことを言っていた。大した反論も反発も起こらなかった。最初はスルーしていたのだが、ある時にふと思った。トリクルダウンが嘘だったのならそれを前提とした消費税増税は撤回されるべきではないのか、と。

だが現実的には「信じた有権者が悪い」ということにしかならない。政治においては民間企業だったら詐欺とみなされかねない行為が容認されてしまうのだ。

“トリクルダウンが嘘ならば消費税増税は撤回されるべきではないのか?” の続きを読む

mySQLのトランザクションテーブルから複数のマスターを参照するためのJOINのやり方

洋服は古着屋で買っている。同じテイストの服を揃えたり上下をセットアップで買うことができないと、テイストがバラバラになり収拾がつかなくなる。同じようなものを二つ買ったりパンツはあるのにジャケットがないというようなことが頻繁にある気がする。気がするのだがよくわからない。そこでワードローブを整理・把握しようと考えた。

毎日着る洋服を写真撮影して使ったアイテムをデータベースに記録している。これを使ってワードローブを整理しようと思いついたのだ。

“mySQLのトランザクションテーブルから複数のマスターを参照するためのJOINのやり方” の続きを読む

安倍・安全法制の深刻な不具合

最近、クローゼットを整理しようとしてPHPとmySQLのプログラミングをやっている。プログラミンスしながら時々政治経済のことを考えていて面白いことに気がついた。安倍総理が推進してきた新安保法制には重大な不具合がある。普段は「安倍政治」にケチをつけるような書き方をすることが多いのだが今回はこの不具合がなぜ起こるかについて考える。

“安倍・安全法制の深刻な不具合” の続きを読む