新型コロナをめぐる文化の違い:集団主義の日本人と個人主義のスウェーデン人

日本人は集団主義で和をもって尊しとなすと言われている。ところが新型コロナウイルス対応を見ているとどうやら他人を信頼したり協力したりするのが苦手なようである。これについて引き続き観察したい。

“新型コロナをめぐる文化の違い:集団主義の日本人と個人主義のスウェーデン人” の続きを読む

日本型議会政治の行き詰まり 新型コロナ対策国会に決定的に欠けていたもの

実は今回の文章は完結していない。もともとの題材と今の疑問が違っているからである。前回、西浦教授が「自分で作ったモデルの弁護を自分でしなければならなくなった」という状況について書いた。「コロナ再生産数、更新止まった日本 足らぬ集合知」というなかなか深刻なタイトルの記事を見つけたのでその続きを書こうと思っていた。だが参議院の予算審議を見て別の疑問を持つようになった。「あの国会には何かが欠けている」ということに気がついたのだ。日本型議会政治は行き詰ったと思った。

“日本型議会政治の行き詰まり 新型コロナ対策国会に決定的に欠けていたもの” の続きを読む

平均的なアメリカ人はトランプ大統領の消毒液コメントが正しいか正しくないか判断できますか?

Quoraでトランプ大統領の消毒液注射発言をシェアしたところいくつかコメントをもらった。意外とこういう話に興味があるんだなと思った。そこでアメリカ人に直接この話題をぶつけてみようと思った。案の定炎上気味になったが多くのレスポンスをもらった。アメリカでこの話題が感情的な案件になっていることがわかる。

“平均的なアメリカ人はトランプ大統領の消毒液コメントが正しいか正しくないか判断できますか?” の続きを読む

日本はアメリカ化するのかアメリカが日本化するのか

新型コロナ対策でアメリカが迷走している。トランプ大統領は選挙キャンペーンのつもりで新型コロナウイルスの記者会見を始めたのだが、真剣にブリーフィングをうけていなかったようだ。直前に聞いた「消毒液」の話を間に受けてしまい「消毒液を注射すれば体からウイルスが除去できるのではないか」と発言した。実際にそれを真似する人が出かねないとメディアから非難されることになり「記者会見は意味がないからやらない」と言いだした。トランプ大統領は実際に記者会見をやめてしまった。

“日本はアメリカ化するのかアメリカが日本化するのか” の続きを読む

西浦発言「クーデター」発言の本当の危険性と大本営発表のメカニズム

厚生労働省クラスター対策班の西浦博教授がメディアへの露出を増やしている。危険だなあと思った。それについてQuoraで質問をしてみようと思ったのだが、危険性の認識につながる議論はリードできないだろうなと考えた。おそらくこのクーデター発言が危険だと考える人はそれほど多くないだろう。「政府や専門家は絶対」という権威主義的な正常性バイアスが強く働いているからである。

“西浦発言「クーデター」発言の本当の危険性と大本営発表のメカニズム” の続きを読む

アベノマスク疑惑 自分の国の政府を盗人と疑わなければならない不幸

アベノマスク騒ぎが拡大している。騒ぎの中身は主に三つある。一つは予算のちょろまかし疑惑だ。二つ目は安倍昭恵さんの関与疑惑である。そして最後は品質管理の問題だ。過去の官邸発の騒動と同じような複合汚染を構成している。にあまりにも運用と説明がずさんなのですぐにこうなってしまうのである。コロナでストレスが溜まる中、こうした疑惑にもお付き合いしなければならないというのは不幸としか言いようがない。

“アベノマスク疑惑 自分の国の政府を盗人と疑わなければならない不幸” の続きを読む

地方自治の本旨と日本人の政治議論の二重性

大抵の憲法問題というのはGHQが作った草案を英語で読むと元々の意味がわかる。英文はシンプルに書いてありその字義通りに解釈すればいいからである。だが、地方自治の問題はそれでは解決しないということに気がついた。地方自治という言葉がどうやって導入されたを簡単に追跡し、日本人の政治議論の二重性について考察したい。

“地方自治の本旨と日本人の政治議論の二重性” の続きを読む

馳浩元文部科学大臣の炎上 – 新型コロナで可視化される男性中心社会への不信感

今日は仁藤夢乃さんという人のTweetについて扱うのだが扱い方にはちょっと悩んだ。場合によっては「仁藤さんを利用している」と言われかねないからである。いろいろ考えて「男性社会への敵意」という切り方にした。男性側は「自分はたいして優遇されている」と思ってはいないが、これが問題を地下化させ時々ぎょっとする形で噴出してくる。

“馳浩元文部科学大臣の炎上 – 新型コロナで可視化される男性中心社会への不信感” の続きを読む

金正恩重病説と安倍政権の北朝鮮政策の行き詰まり

「金正恩が重病である」という説がCNN経由で流れた。どうやら間違いらしいが、金正恩後について人々がいろいろ憶測しているらしいということはわかった。冷静に考えてみるとアメリカが金正恩の動静を見失っていることなのだろう。安倍総理の対北朝鮮政策は完全に行き詰ったと考えていいだろう。考えをまとめるためにいくつか記事を読んでみたのだが、東アジア人の権威主義者が行き着く理想像が少し見えた気がする。

“金正恩重病説と安倍政権の北朝鮮政策の行き詰まり” の続きを読む

嘘はつかなかった安倍政権 – 10万円一律支給を巡って

安倍政権の10万円支給スキームがわかった。嘘はつかなかったなと思った。と同時に本当のことも言わなかった。おそらく安倍政権が行ってきた「詐欺的話法」の変種なのだが、それに気がつかない人も多いに違いない。大体的にアナウンスをしておいて後でがっかりさせるといういつものやり方である。政権批判につなげたい人も多いだろうが、ここは冷静に詐欺の手法を見極めたい。

“嘘はつかなかった安倍政権 – 10万円一律支給を巡って” の続きを読む