国民に忍従を強いるバッハ会長と不平等条約と化したオリンピック招致契約

バッハ会長が「日本国民は辛抱強い」と語った。言外に辛抱してオリンピックを支えろと日本人に指示しているように聞こえた。つまりバッハ指令が降ったのである。日本国民の健康に一切の責任を持たないバッハ会長からこのような指令が出たことに対して抗議するメディアはなかった。日本政府も特に抗議はしなかった。まるでIOC植民地のようだと思った。

“国民に忍従を強いるバッハ会長と不平等条約と化したオリンピック招致契約” の続きを読む

匿名の怒りは渦巻いているがそれがすが政権打倒につながらない理由

最近、Quoraやこのブログで「日本では実名と匿名で振る舞いが全く違う」と書いている。なんとなく「ふーん」と思う人はいるだろうが、実際には何を言っているのかよくわからないのではないかと思う。そこで仮説を立てて書く内容を工夫してみた。

結果はこの通りだ。ページビューは大したことがないので隠したのだが結果は一目瞭然だった。一週間で火がついた。匿名の怒りは渦巻いているようである。だが、これは現状の改革には繋がらないと思う。今日はそのあたりの理由を整理してゆきたい。

“匿名の怒りは渦巻いているがそれがすが政権打倒につながらない理由” の続きを読む

梅村みずほ議員秘書逮捕で感じた政策なき政治の限界

梅村みずほ参議院議員の秘書が逮捕されたそうだ。容疑は殺人未遂だという。秘書には政策を担当し資格が必要な政策秘書と、国費から歳費が支給されるが資格が必要ない公設第一・公設第二秘書がいる。成松圭太容疑者は公設第一秘書だったそうだ。

公設秘書というキーワードで新興勢力の議員さんについてまとめてみたのだが、まあどれもひどい話ばかりである。個人商店的に発展した日本の議会政治はこうした公設秘書たちを排除できない。

“梅村みずほ議員秘書逮捕で感じた政策なき政治の限界” の続きを読む

【緊急】広島で2019年で金の力で選挙に行った人たちの数を試算する

もちろん根拠のない話なので「単なる名誉毀損モノ」なのだが、これくらいしないと恥ずかしい思いにならないと思う。広島でどれくらいの人がお金で選挙に行ったのか試算して見た。

“【緊急】広島で2019年で金の力で選挙に行った人たちの数を試算する” の続きを読む

オリンピック中止のご聖断を下すのは医師になるのか?

報道特集で関西の医療崩壊の実態をやっていた。目の前に明らかなコロナの患者がいるのに検査で引っかからないことがある。認知症が出た患者がフラフラと病院にやってくる。説得するためだけにいちいち防護服は着ていられない。検査でコロナ陽性になると保健所の管轄になるそうだが保健所はオーバーフローしている。自前で受け入れの病院を探そうとするが引受先が探せない。大阪は滋賀県で受け入れてもらっているそうだとか兵庫は徳島か岡山かという話を個人のネットワークを介してやっている。現場はかなり壮絶なことになっているようだ。

“オリンピック中止のご聖断を下すのは医師になるのか?” の続きを読む

緊急事態宣言の要請という記憶はマスコミが捏造したものだった

Quoraでなぜ「自治体はいちいち緊急事態宣言の要請をするのか」という質問に答えた。いろいろ調べていて意外なことに気がついた。緊急事態宣言を都府県が要請したというのは「マスコミの捏造」である。人の記憶は簡単に塗り替えられてしまうということがわかる。ではなぜマスコミはそんな捏造をする必要があるのかについて考える。

“緊急事態宣言の要請という記憶はマスコミが捏造したものだった” の続きを読む

乗り遅れるな! 高齢者へのワクチン接種が始まった

高齢者へのワクチン接種が始まった。情報を受け取れる人とそうでない人でかなり違いが出ているようだ。テレビでは「区によってワクチンの割当量が違っていて不公平である」とやっている。高齢者を中心にワクチンに強い関心が集まっているようだが危機感を共有しない河野大臣は「思ったより要望が多かったようだ」と涼しい顔だ。

“乗り遅れるな! 高齢者へのワクチン接種が始まった” の続きを読む

おそらく「流し雛」だけではすみそうにない菅政権とその後に来るかなり絶望的な未来の予測

ここ数日、このブログでは主に二つの課題を追いかけていた。一つは問題解決の議論の方法である。たくさんの高評価をもらいメンションも増えた。もう一つは「政府が無策であり新型コロナ対策が後手に回っている」という内容である。レスポンスだけを見ると議論の話題の方が「良い・建設的な話題」のように思える。実名質問サイトQuoraではこっちの方が高評価だ。だから今日は議論ついて考察を書こうと思い閲覧履歴を見た。

ところが実際にはこうした議論の話題への閲覧数は多くない。代わりに読まれているのは「誰が新型コロナの意思決定しているかわからない」というものばかりである。匿名性が高いとこうなるのだが、おそらくこちらの方が実際の民意に近い。課題を拾いたい立憲民主党のような政党はぜひブログをやるべきだと思う。隠れた民意が露骨に拾える。

“おそらく「流し雛」だけではすみそうにない菅政権とその後に来るかなり絶望的な未来の予測” の続きを読む