今の岸田総理には「コロナの5類引き下げ議論」よりもずっと大切なものがあるようだ

今朝のニュースを見ていて驚いた。突然「新型コロナを5類に下げる」というのだ。なぜ今だったのだろうか?と思った。その後岸田総理はこの件について説明することなくNPT再検討会議に向けて出発してしまった。歴史的な演説を予定しているそうだ。この後グテーレス事務総長が広島原爆忌に合わせて来日する。つまり岸田総理はライフワークを世界に向けて発信するチャンスが訪れている。国内のコロナ対策などはたいして重要ではないかもしれないのだ。






ただしマスコミはこれらの話題を個別に扱う。このためコロナの話はコロナの話としてのみ伝わる。だから発言の内容を読むと当惑するのだ。だから、なぜ今だったのだろう?と当惑してしまうのである。

  • 今は引き下げは考えていない
  • だがいずれはやらなければならない

ということで「結局いつやるのだろうか?」ということになる。これは誰にとって見ても何の解決策にもならないことは明白だ。いっけん、地方自治体の要請に応えたようではある。だが、現在手一杯になっている当該医療機関や地方自治体にとってみれば「いずれ楽にしてやるから今は死ぬ気で頑張れというこなのか」と思われかねない。朝日新聞は「第七波が収束したら」と書いている。おそらく自治体が知りたがっているのは「今政府が何をしてくれるか」であって「収束後」の話ではないはずだ。

一方で、新聞が「検討に入った」と断定的に書いているためおそらくワイドショーではこの話題が大きく取り上げられることになるだろう。そのときに必ず議論されるのは時事通信の指摘にあるように費用負担の問題である。「必要な対策を打っていないのに費用負担だけ押し付けるのか」ということになるはずだ。こちらは対策が決まるまで「将来はどうなるのだろう」という不安を持つようになる。

つまり当事者は楽にならず、そうでない人たちには不安ばかりが残る最悪のタイミングなのだ。

現在のワイドショーは「発熱したのに検査キットも手に入らず医者にもアポが取れない」というような話ばかりを流している。感染者数だけが毎日発表され「行動制限なき夏を乗り切りましょう」という話になっている。

5類になれば理論的には普通の医療機関で診察が受けられるのかもしれないのだが治療薬がない状態だ。感染予防対策をしていない病院がコロナ患者を受け入れるのは難しいだろう。とはいえ受け入れないことはできないので(医者は診療拒否できない)今度は「医者にかかりたいがコロナが怖くて病院にゆけない」人たちがたくさん出てくる。

対策はないが問題が積み上がっているから「バンザイして」現状を追認するというのは岸田政権では見慣れた光景だ。諸問題について現状を追認し、かつ「成長戦略も頑張っています」と宣言するというのが岸田式である。ではいつ成長するのですか?と聞いても、あれもこれもいろいろやっていますからいずれ良くなるでしょうという答えしか戻ってこない。国民の不安は増すばかりだが今や諦めの境地に達しているという人も多いはずだ。

次に問題になりそうなのが後藤厚生労働大臣の発言との不一致である。後藤厚生労働大臣は2類相当であることを「伝家の宝刀」と言っている。つまり2類相当でなくなると感染予防対策で取り得る手段が大幅に減る。後藤厚生労働大臣の発言が正しいとすると「もう国は感染予防対策は取りませんから後は好きにやってください」ということになってしまう。仮に岸田総理が前々から「引き下げ」を考えて後藤厚生労働大臣とすり合わせをしていれば後藤さんはこんなことは言っていないはずだ。伝家の宝刀を捨てるのですか?という議論になってしまうからだ。

7月29日の発言を見る限り、後藤さんは今回の件で驚いているのではないかと思う。仮に知っていてこんなことを言ったのであれば「相当な人」ということになる。

更にいえば誰でも使えるような治療薬はいまだにないはずだ。当分は「気をつける」か「高熱に耐える」しか対処策がないのだ。

いずれにせよ議論をしますとだけ言い捨ててNPTに出かけてしまったことで自治体が現在抱えている問題は解決せず「いったいこの先どうなるのだろう」という不安報道だけが先行しかねない状態になっている。後藤さんがこれについてメディアに説明を求められるだろうが、果たしてきちんと対応できるのかと考えるとかなり不安になる。国民の不安を払拭するために頑張って説明してほしいものだといわざるを得ない。

とにかく岸田さんは日本にいないのだから岸田さん抜きであれこれと報道だけが先行することになりそうだ。そのうちに議論はまとまるところにまとまるだろうと思っているのかもしれない。

総理大臣がこの件で投げやりになっているとは思いたくないので別の可能性を考えた。岸田さんは歴史的な演説に高揚しているのかもしれない。

日本の総理大臣が出席しスピーチするのは史上初なのだそうだ。その後でグテーレス事務総長が来日することも決まっており広島選出の総理大臣としてはレガシーを打ち立てる大チャンスが訪れている。グテーレス事務総長は広島も訪れる予定で調整が進んでいるそうだ。

広島選出の総理大臣として世界に向けてグテーレス事務総長臨席のもと広島で「核なき明日を目指すリーダー」という自己像を打ち立てるのには絶好の機会が来ている。せっかく総理大臣になったのだからライフワークで名前を歴史に刻みたいのだろうなとは思う。

そんな高揚感に包まれている総理大臣にとってみれば「発熱外来がちょっと混乱している」というコロナが2類相当から5類になろうが、足元で統一教会問題が大騒ぎになろうが支持率が多少下がろうが大した問題ではないということなのかもしれない。

コロナに関していえば「感染力は増しているが重症化率は下がっている」という予想を政府はしているのだろう。この予想はぜひ当たってほしい。マスクを手放せない不安な日常が何年も続いている。もうそろそろ終わりになってほしいと思う。

Google Recommendation Advertisement



“今の岸田総理には「コロナの5類引き下げ議論」よりもずっと大切なものがあるようだ” への1件の返信

  1. 何故自民党はこの無能な、目立ちたがり屋の首相を辞めさせないのか!自民党は日本の政治を良くしようと姿勢はないのか!皆で税金に集り将来の
    日本の事など少しの考えていないのでは!日本の為に自民党をつぶしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。