平時から戦時へというとフリーズする人たち

新型コロナウイルス対策について「平時から戦時へ」と書いたところレスポンスが悪かった。なぜなんだろうかと考えた。おそらく正常性バイアスなんだろうなという結論に達した。正常性バイアスは誰もが持つ傾向であり何も日本人に特有のものではない。

“平時から戦時へというとフリーズする人たち” の続きを読む

日本で新型コロナウイルスが蔓延しないという謎

世界各地で新型コロナウイルスが猛威を振るっている。アメリカではニューヨークが封鎖された。ヨーロッパではイタリアから広がりフランス・スペイン・ドイツと上がって行き最終的にイギリスも封鎖されることになった。その新型コロナウイルスが日本ではそれほど蔓延していない。政府の対応はバタバタなのになぜかそれほど蔓延していないのである。この謎について考える。

“日本で新型コロナウイルスが蔓延しないという謎” の続きを読む

日本人はいかにして日本の心を捏造するのか

演歌の成り立ちについて調べたことがある。日本人が伝統をどうやって捏造するのかということがわかる。おそらくネトウヨが考える日本の伝統というのも同じように捏造されたものなのだろう。「日本の伝統」にすがって自己正当化を図るのは日本人が宗教を持たないからなのかもしれない。

“日本人はいかにして日本の心を捏造するのか” の続きを読む

延期される憲法改正 – 日本人は意地悪なので一番欲しいものは他人には与えない

護憲派の毎日新聞社が「首相、憲法改正「20年施行」を断念」と伝えている。護憲派・毎日新聞社の高笑いが聞こえてきそうである。いわゆる読者のメシウマ感情を刺激する記事だ。事実上断念ということなので総理の口からこれが語られる事はないだろうが、読者たちはニヤニヤしながら安倍首相を眺めることになる。今日のエントリーで言いたいのはこれだけである。つまり私も村特有の意地悪根性を持っていることになる。






だが、それで終わるとエントリーにならないのでいくつかのことを考えた。

第一に安倍首相の「官邸主導」は配下にいる人を恫喝する事はできても人を動かすことはできなかったという事だ。安倍首相は「一度裏切った人を忘れない」という性格で知られているそうである。このため、二回目の政権につくと官僚と役人の人事を握って取引しようとした。官僚側の人事は今や2014年にできた内閣人事局が握っている。また公認権も党中枢が握っている。これが彼らの考える力強いリーダーシップである。

人事恫喝があるので、政権中枢・政党中枢におもねらないとよいポストが得られない。議員は一国一城の主人なので「一議員に止まる」という選択肢もあるが、官僚は人事だけが重要だ。こうなると内閣の顔色を伺い、白を黒と言われたら「それは黒でございます」と言い続けなければならない。これによって失われたものは表に出てこない。

日本型の組織では実際の知識は末端が担っている。例えば文書管理の問題ではコンピュータを使った文書管理の実際と法体系に熟知した中間的な官僚が全ての知識を持っている。ゆえに恫喝型の組織はやがて機能不全に陥る。政府の説明がだんだん「崩壊してゆく」のは知識の循環がうまく行かないからである。簡単に言えば菅官房長官はコンピュータのことも文書管理のこともわからない。彼がわかるのはお花見の名簿が表に出ると首相がヤバいということだけである。つまり、力強いリーダーシップを発揮すると日本は組織が壊れてしまうのである。

次に安倍首相は状況を作れる政治家ではないなとも思った。強引なリーダーシップが効力を発揮するのは「チェンジマネージメント」を行うときだけである。変革型のリーダーは強権を発動することがある。そして自民党には派閥闘争を経て勝ち上がってきた「政局を作れる人たち」と参謀がいた。変革の意思を失い派閥闘争をしなくなった自民党ではこの政局力が消えているのだろう。

あるテレビの政治評論家が「菅官房長官は女房型のように見えて実は状況を仕掛けて作る人ができる人だ」と言っていた。自民党は派閥闘争の歴史なのだがにらみ合いでは膠着状況に陥ってしまう。そこで状況を作り出す人が必要とされるのである。最近顔を見なくなった田崎史郎さんも「政治には勝負が必要だ」などと言っている。

小泉純一郎首相は仕掛け型の政治家だった。郵政民営化に反対する人は悪だと決めつけて選挙をやり敵対派閥を殲滅させてしまった。ビジョンを語るというわけではなく対立構造を作って膠着を打開するのである。

安倍首相は憲法改正のビジョンを語るわけではなく単に願望をほのめかして「あとは国会でお決めいただく事ですから」と言って逃げてしまった。合理的に考えれば「内閣は憲法を遵守する義務がある」ので憲法改正は言い出せないのだが、状況が仕掛けられると合理性が吹き飛び「勢い」で物事が決まってしまう。短い期間であれば安倍首相が憲法改正を強引に指導しても良かったのだ。だが、安倍首相はビジョナリーでもなければ状況を仕掛ける型のリーダーでもなかった。単に自民党延命のために担がれたお神輿だったのである。

最後に憲法改正議論というのが実は虚像だったということも分かった。

今回の「事実上の延期」に関して「左翼が邪魔をするからだ」という人は大勢いる。だが「なぜ今変えなければならないのか」を言える人はいない。これは実践が伴っていないからである。

政治は実践で、実践にしたがって憲法も変わってゆくべきなのである。ところが平和主義にもいわゆる積極的平和主義にも実践がない。平和主義の人たちが平和主義を実践しているわけでもないし、改憲派が尊敬される日本のために何かしているという話も聞かない。私も含めてそれは議論のための議論であり、したがって別に変えなくてもいい程度の話なのである。日本がリーダーシップを発揮するのは国際社会(端的に言えばアメリカ)に阿り中国に対抗するためであって信念に伴った実践ではない。

だがよく考えてみると日本の政治は何かを決めて何か行動するためにあるのではない。その人たちが一番やりたいことをさせないように監視して縛りあうのが目的なのだろう。だから野党は絶対に政権は取れないし与党は憲法を自分たちの好きに変えて国家を私物化することが許されないのだ。

日本人は論理的に考えて決めることはできないのだが、意地悪に相手を縛り付けることはなぜか阿吽の呼吸でできてしまう。おそらくは村という狭い共同体で、そういう「意地悪文化」を育んできたのだろう。

Google Recommendation Advertisement



時代とともに移り変わるべき大嘗祭

令和に代替わりして初の新嘗祭である「大嘗祭」が行われた。Twitterで島田裕巳さんが大嘗祭を経ない天皇は「廃帝」とか「半帝」と呼ばれたと言っていたので「例外を除いては大嘗祭をやってきたのだろう」と思っていた。ところが調べてみると大嘗祭はずいぶん長い間中止されていたようである。大嘗祭ができなかったのは天皇家が徴税権を失ったからと考えられる。徴税するためには税を収めるネットワークが必要だが、日本は内戦状態にありでこれが壊れてしまったのだろう。応仁の乱以降江戸時代まで復活しなかった。






まず半帝と呼ばれたのは仲恭天皇だった。仲恭天皇というのは後付けの名前だそうだ。幼没した安徳天皇も行っていないのではないかと思ったのだが、平清盛のバックアップで行われたようである。この安徳天皇の大嘗祭からその意味合いがわかる。つまり日本人にとっての税とは神社への供え物と同じなのである。税を収める理由が天皇しかないので、その天皇に変わって「税を徴収してあげる」というのが日本の統治者の理由付けになっているということになる。

大嘗祭はかなり政治的な意味合いを持っている。日本の政治は合理的なルートで理解されてこなかったということになる。神の子孫を怒らせれば神を怒らせることになる。当然災いが降りかかるのだが神の代理以外はそれを鎮めることができない。現人神信仰である。信仰がなんとなく現実的な統治や徴税と一緒くたになっている時代が長かったということだ。第二次世界大戦までその状態は続きやがてアメリカから「カルト扱い」されて政治から無理やり切り離された。

1466年に最後の大嘗祭が行われその後中断した。復活したのは江戸時代のことだそうである。産経新聞だけを読むと「江戸幕府が天皇家に対するスポンサーシップを示すために大々的に行ったのでは?」と思える。安定の産経トリックである。

当時の幕府は、国内統治に儀礼を重視しており、1687年、東山天皇の大嘗祭の挙行を認めた。続く中御門天皇の即位の際には行われなかったが、その次の桜町天皇から現代まで続いている。

天照大御神から伝わる重要祭祀「大嘗祭」はこのように行われる

ところがWikipediaには全く違った話が書かれている。江戸幕府は二重権威を嫌い大嘗祭の復活を嫌ったが、上皇が江戸幕府の管理から外れて強行したということになっている。これをみると霊元天皇が天皇家の権威を示すために東山天皇を使って権威付けのために復活させたのではないかと思える。

貞享4年(1687年)に朝仁親王(東山天皇)へ譲位し、太上天皇となった後、仙洞御所に入って院政を開始し(以後仙洞様とよばれるようになる)、その年には同じく長年中断していた新天皇の大嘗祭を行う。これは関白及び禁中並公家諸法度を利用して朝廷の統制を図ろうしていた江戸幕府を強く刺激した。院政は朝廷の法体系の枠外の仕組みであり、禁中並公家諸法度に基づく幕府の統制の手が届かなかったからである。実は先代の後水尾法皇の院政にも幕府は反対であったが、幼少の天皇が続いたことに加えて、2代将軍徳川秀忠の娘である法皇の中宮東福門院がこれを擁護したために黙認せざるを得なかったのであるが、霊元上皇が同様のことを行うことを許す考えはなかった。直ちに幕府は院政は認められないとする見解を朝廷に通告するものの、上皇はこれを黙殺した。

霊元天皇(wikipedia)

この霊元天皇の話を知ると、このタイミングで秋篠宮皇嗣殿下が2018年11月に「私費でやりたい」といった意味も違ったものに感じられる。27億円という政府の天皇家に対するスポンサーシップが却って政治的に利用されかねないという危惧もあるのだろう。秋篠宮の「身の丈」が何だったのかというのは今でも議論の対象になっているが、善意に解釈すれば現行憲法で切り離された徴税権(つまり統治)の議論には触れず、国の安寧を祈るという古代の役割に専念したいという気持ちの表れなのかもしれない。つまり現行憲法によって統治原則は合理化されたのだから、天皇家は合理的ではない「気持ちの部分」だけを担当したいのだということになる。これは上皇陛下が統治時代になさってきた「象徴天皇制」のあり方と一貫するものがある。

ただこのメッセージを政治側が受け取ったとは思えないし、おそらくは理解もされなかったのではないかと思う。彼らは天皇権威を利用することだけに関心があり、おそらくは祭祀の存続には全く興味がないだろう。一部の識者は、最後の男系男子が定年するくらいまでは引き伸ばせるのでは?などと言い出しているそうだ。

江戸時代には天皇家の行事として簡素に行われていた大嘗祭だが明治に入って「天皇中心の世の中を作る」という決意のもと大掛かりなものになってゆく。実際に大掛かりなものが行われたのは大正時代からなのだそうだが、昭和でも大々的に行われやがて天皇権威が軍部の正当化に利用されるようになった。今でも天皇権威を背景にして統治者気分に浸りたい人たちがたくさんいる。秋篠宮の提言はそうした思惑にかき消されてしまった。一方日本人も大嘗祭について深く考えることがなくなった。マスコミでは「古の謎の儀式」と大嘗宮の豪華さにばかり注意が集まっていた。つまり天皇家を生きて変化しつづける伝統でなく、歴史や文化遺産の領域に押し込めてしまったのである。

Google Recommendation Advertisement