中国の農業と気候の関係についてゆるく調べる

Quoraに中国が朝鮮を完全に併合しなかったのはなぜかという質問があった。土壌があまり豊かではないので農地として侵略する理由があまりなかったのではないかという仮説を立てて回答を書いた。その時に「中国の北方には肥料のいらない土壌が広がっているのでそこが農業を支えたのではないか」と書いたのだが調べてみるとどうもそれは間違っていたようだ。寒すぎて農業はできないようである。中国の食糧供給を支えたのは一貫して南部のコメだったようだ。

“中国の農業と気候の関係についてゆるく調べる” の続きを読む

ゲーム世代の官僚が政治主導・官邸主導を軽々と飛び越え給付金詐欺を働いた

経産省若手官僚コロナ支給金詐取事件について調べた。「慶応高校の学友とはいうが一人が申請して一人が使っていた」のだからこの二人は本当の意味では友達ではないのではないのではないかという指摘がQuoraにあり「それはそうだな」と思ったからだ。一人は慶応高校から東大に進み司法試験に通ったというエリートのようである。「この人ってどんな人なんだろうか」と思って調べてみたところなぜかやまもといちろうさんの文章が検索結果に出ていた。

“ゲーム世代の官僚が政治主導・官邸主導を軽々と飛び越え給付金詐欺を働いた” の続きを読む

菅政権の底が抜けたとおもったらまだまだ底ではなかった話

安倍・菅政権は憲法判断を改竄という大きな嘘から始まった政権だった。お友達には何がなんでも取り入らなければならないという気持ちがあり対して悪びれもせず憲法第9条の解釈を変えて集団的自衛権の守備範囲を拡大した。この嘘の毒は今でも広がり続けている。「これが底だな」と思ってもそれ以上のニュースが出てくる。今度は経産省の官僚が不正を働いたというニュースがあった。まさに底なしである。

“菅政権の底が抜けたとおもったらまだまだ底ではなかった話” の続きを読む

「資本主義の常識」が通じなくなった日本でこの先、何が起こるのか。

菅政権を不信任にする理由はいくつもある。最近では政治的発言を控えなければならないはずの天皇陛下が「ギリギリの線」でオリンピックに懸念を表明せざるを得ないほどの心理的圧力を加えている。この一件だけを見ても「内閣の逆賊化」が進んでいると言えるだろう。今回は日本にはお金があるのに「手元にお金がない」という理由で不安を抱えたり将来を諦めたり事業を手放す人がいるということについて書く。

どうしてこんな政権が生まれてしまったのかということを考えるきっかけになるかもしれない。

“「資本主義の常識」が通じなくなった日本でこの先、何が起こるのか。” の続きを読む

西村宮内庁長官の「天皇陛下がオリンピックの感染拡大を懸念」発言の波紋

「天皇陛下がオリンピックの感染拡大を懸念していると考えているらしい」というニュースがあった。非常に問題がある発言だなと感じた。だが色々と調べているうちに、おそらくもともとの陛下のメッセージは極めて単純なものだったのではないかと思った。問題はおそらく周りの処理の仕方である。「当人が何も言えない」ことを前提に天皇権威を都合よく利用してきた人が多く本人が登場すると大騒ぎになる。できればご発言の機会を増やしたほうがいいだろうと感じた。

“西村宮内庁長官の「天皇陛下がオリンピックの感染拡大を懸念」発言の波紋” の続きを読む

河野太郎大臣が作り出す「ワクチン供給量不安」

河野太郎行政改革担当大臣がテレビでワクチンについて説明していた。Twitterをブロックされているので悪い点だけを探して話を聞くようにしているのだが特にツッコミどころもなく面白くもなかった。だが結果的にこのテレビ出演は「ワクチンが足りないのではないか」という不安を醸成することになった。流石にお騒がせの才能があると思った。

“河野太郎大臣が作り出す「ワクチン供給量不安」” の続きを読む

ウガンダ選手団が濃厚接触者認定されなかったわけ

先日はみずほ銀行でなぜ失敗が見逃され続けてきたのかということを書いた。問題は学習機能の喪失だ。成果があげられない上に一枚岩でない組織が「敵失」を狙ってお互いを縛り合ううちに学習機会が奪われてゆく。代わりにはびこるのは誰かがなんとかしてくれるだろうと言う集団思考だ。その上で、日本政府も同じ状態に陥っているだろうと書いた。今日はウガンダ選手団について書く。おそらく東京オリンピックではなんらかの人災が起こるだろう。人災の原因は集団思考である。そしてその原因を作っているのはおそらく安倍政権・菅政権の間に作られた政府の文化である。

“ウガンダ選手団が濃厚接触者認定されなかったわけ” の続きを読む

責任を取らない人が生きのこる – 日本政府とみずほ銀行の意外な?共通点

みずほ銀行に関して日経新聞の二つの記事を読んだ。みずほ銀行と日本政府には共通点があるなと思った。責任を取らない人がトップに居座り結果的にユーザーに大迷惑をかけるという構図である。ではなぜこうした構図が生まれるのだろうか。考えてみた。

“責任を取らない人が生きのこる – 日本政府とみずほ銀行の意外な?共通点” の続きを読む

再び梯子を外す?小池百合子東京都知事

選挙をめぐる状況が不透明になってきた。本来ならばやっていることが無茶苦茶な菅政権が放逐される選挙になるべきなのだが却って自民党が勝ちそうな状況が見えてきている。中でも興味深いのが東京都の状況である。小池百合子東京都知事が「都民ファーストの会を見限り」自民党に接近しているという。背景には都民ファーストの会への支持が伸び悩んでいるという事情があるようだ。

“再び梯子を外す?小池百合子東京都知事” の続きを読む

強引な菅総理のIR政策がかき回す横浜市長選挙

横浜市で奇妙な動きが起きている。菅総裁の選対本部長を務めた小此木八郎国家公安委員長がIR反対を掲げて市長選に立候補するかもしれないと言われているそうだ。現職の国会議員・閣僚の出馬は異例だ。一見すると「菅総理から離反する動きが起きている」と思える記事である。

“強引な菅総理のIR政策がかき回す横浜市長選挙” の続きを読む