「玉木雄一郎降ろし」という愚策

国会では安倍首相が官邸では菅官房長官がそれぞれ子供のような言い訳をしている。聞いていて不愉快な気分になる。ところが冷静に考えてみるとそれを容認しているのは国民である。そして国民が自民党政権を容認するのは他に選択肢がないからだ。野党が悪い。結局「野党がだらしないからだ」と、そこに行き着いてしまう。

“「玉木雄一郎降ろし」という愚策” の続きを読む

東出昌大の不倫騒動と結婚という既得権益

東出昌大の不倫騒動が話題になっている。子供が三人もいるのに若い女性と三年間も不倫をしていたそうだ。ここで注目されたのが東出の「経済的損出」である。ドラマの主役はそのままやるようだがCMを降板させられたと話題になった。CMのギャラの範囲内ではあるが賠償金請求もされるそうだ。なぜ人々は東出の賠償責任に興味があるのだろうか。

“東出昌大の不倫騒動と結婚という既得権益” の続きを読む

京都市長選挙 – 未来なき国のコミュフォビア

Twitterで京都市長選挙のTweetが流れてきた。現職の門川さんを応援する『未来の京都をつくる会』が「大切な京都に共産党の市長はNO」という広告を打ったというのである。ここに立憲民主党の名前があるとして騒ぎになったようだ。この一連のTweetを読んで立憲民主党は消えて行くんだろうなあと思った。

“京都市長選挙 – 未来なき国のコミュフォビア” の続きを読む

中谷元の憲法改正サボタージュと日本でポピュリズムが起こらないわけ

久しぶりにフジテレビの朝のネトウヨ系番組を見ている。出演者は櫻井よしこ、中谷元、橋下徹である。この時間はフジテレビがネトウヨ系番組を流し、裏ではTBSがサヨクの昔のお兄さんたちを満足させる番組を流している。日本で政治に興味のある人たちというのはネトウヨとある年代のサヨクだけという日本の平和な状況を象徴する時間帯である。

“中谷元の憲法改正サボタージュと日本でポピュリズムが起こらないわけ” の続きを読む

杉田水脈議員はなぜ叩かれ続けなければならないのか

杉田水脈議員がまた叩かれている。この人はおそらく叩かれ続けるために歳費をもらっているのだろう。有権者は杉田さんを「いつでも叩ける公人」として囲っていることになる。ある意味贅沢なおもちゃだ。また、この人の絶対に謝りたくないという勝気な性格がさらに「ああ、叩いても壊れないだろうな」という妙な安心感を与える。

“杉田水脈議員はなぜ叩かれ続けなければならないのか” の続きを読む

誰かが何とかしてくれるだろう主義の国の空気より軽い防衛大臣

産経新聞にこんな記事があった。日米同盟は「プライスレス」 河野防衛相、駐留米軍経費の負担増念頭?である。トランプ大統領は世界各国で駐留費用の引き上げや負担金の増加を頼んで回っている。アメリカ側からは「日本にもそのような話をした」というニュースも流れてきたのだがスルーされてきた。事もあろうにそれをジョークのネタに使ったのだ。こんなので大丈夫なのかと思った。アメリカ政府の高官も苦笑いしていたという。

“誰かが何とかしてくれるだろう主義の国の空気より軽い防衛大臣” の続きを読む

日本のカメラ産業はなぜ振るわなくなってきているのか

デジタルカメラ市場が縮小しているそうだ。オリコンのこの記事によると、2010年に比べると2019年には30%にまで落ち込んでいるそうだ。70%も減っていることになる。日本でのきっかけになったであろうスマホブームを作ったiPhone3Gsが発売されたのは2009年だったそうである。スマホがあれば大きいカメラなどいらないというのが正直なところかもしれないがそれにしてもかなりの減り具合である。

“日本のカメラ産業はなぜ振るわなくなってきているのか” の続きを読む

権力者が勝手に憲法を変えるのはなぜ危険なのか – ロシアの事例

ロシアで驚きのニュースが入ってきた。メドベージェフ首相がなんの前触れもなく退任したのだ。それに伴って全閣僚が辞任した。このニュースは全く背景がわからない。少し関連する記事を読んでみたのだが「権力者が憲法改正をほのめかすような政治土壌は危険だな」と思った。なんでもありになってしまうからである。

“権力者が勝手に憲法を変えるのはなぜ危険なのか – ロシアの事例” の続きを読む

日本人と礼儀作法の形成 – 畳の縁を踏んではいけないのはなぜか

Quoraで面白い質問があった。畳の縁を踏んではいけないのはなぜかというのである。ここから日本人が正解を形成する過程について考えたい。注目ポイントは正解が作られるとそれが一人歩きして修正できなくなるという点である。

“日本人と礼儀作法の形成 – 畳の縁を踏んではいけないのはなぜか” の続きを読む