お砂糖“真”時代推進協議会

お砂糖“真”時代推進協議会」がCMを流している。古めかしい作りのコマーシャルで「脳の栄養はお砂糖だけ」と主張する。その古めかしさから悪目立ちをしているようで、ネット上のでは違和感を訴える声が少なくない。
お砂糖“真”時代推進協議会に問い合わせたところ「10年以上前のコマーシャルらしいが、詳しい事は分からない」という。日本食料新聞の「お砂糖“新時代”協議会キャンペーン概要決定(1998/05/11)」は8年目のキャンペーンだと書いており、一番古ければ1990年のコマーシャルである可能性がある。
このコマーシャルの違和感の原因は「意図が不明確」な割に頻繁に流されているという点だろう。何か特定の商品を売ろうとしているわけではない。そこで気持ち悪さが残り、解説を求めて検索してしまう。だが、コマーシャルを受けるウェブサイトがあるわけではない。「かゆいのにかけない」みたいな感じである。
調べてみるといろいろな事が分かる。糖尿病患者のように砂糖を控えなければならない人たちや医師が「コマーシャルは有害だ」と指摘している。そもそも、砂糖を取らなくても脂肪分から栄養を作り出して脳に栄養を送ることができるのだそうだ。中にはJAROに訴えた人もいるらしい。その結果、CMには読めそうもないような小さな字で「ケトン体も栄養になり得る」と書かれている。いずれにせよ門外漢には何のことだかさっぱり分からない。
さらに検索すると、ある独立行政法人が菓子ならびに砂糖需要喚起対策についてという文章を出しているのを見つけた。世の中にはお菓子があふれているように思えるのだが、なぜ、さらに需要を喚起する必要があるのかはよく分からない。「お砂糖“真”時代推進協議会」にはお菓子メーカーなども加盟していて、日本人がさらにお菓子を食べるようにキャンペーンをやっているようだ。
こうしたことから「原子力村」のように「お砂糖村」が作られて、税金が投入されているのでは?などと思ったのだが、その点については検索では確認できなかった。砂糖はいわゆる「聖域」の一つで、TPPが成立しても関税がまもられることが決まっている。「コメ・砂糖・麦は関税維持 TPP日米きょう閣僚折衝」によると、砂糖の関税は328%だそうだ。国内のサトウキビや甜菜業者を守る為に関税が設定されているわけで、砂糖は意外にも政治的な作物なのである。故にこのコマーシャルは間接的に「国内生産のお砂糖を使いましょう」と言っていることになる。

ジャニーズの解けそうで解けないパズル

なつかしい歌手につられて日本テレビの「音楽のちから」という番組を見た。改めて歌番組っていいなと思った。筋を追わずだらだらと見られるからだ。
「音楽のちから」は嵐が前面に押し出されていてジャニーズ祭りの様相を呈している。が、なぜかSMAPが出ていない。なぜだろうと検索してみるとジャニーズには派閥があるという噂に行き当たった。広く知られているらしい。その証拠に、別の日に放送されたTBSの「音楽の日」という似た名前の番組には嵐は出ていないのだそうだ。
噂によると、日本テレビは嵐を押し出しており、同じ派閥のTOKIO、V6、NEWSなどが出ている。一方SMAPを前面に押し出しているTBSにはこれらのグループは全く顔を出さない。これは、ジャニーズが派閥を持っている証拠なのだという。派閥の背後には二人の女性幹部がいるのだそうだ。
ネットにあまたある噂のなかには、それを否定するもの、ファンを軽視していると嘆くもの、規定事実として受け入れるものと様々なものがあり、なかなか興味深い。本当のところはよく分からないが、グループ名まで名指しされているのを見ると、何らかの内部事情があるのかもしれない。
「音楽のちから」には7グループがバラバラになり総勢40名でメドレーを行うというものがあった。スゴイと思う人もいるだろうが、誰がだれかも分からない。トランプがシャッフルされて床に散らばっているかのよう。この背景にはデビューできなかった人もいるわけだから、ジャニーズAとBに別れているのも別にいいんじゃないのか、などと考えた。さらに嵐とSMAPが競演する番組でSMAPをトリに持ってきたりすると、並び順はどうするのだ、全く解けないパズルが出現するのではないかと思う。40名メドレーも並び順を気にしないですむ苦肉の策なのではと邪推してしまった。
ジャニーズといえば、朝のTV番組の司会がNHKとTBSでバッティングしたという「問題」で知られている。どちらかが降りるのではという噂があったが、事務所が大きくなっているのだから、うまくやらないと様々なジャンルで同じような問題が起こるはずだ。そしてバッティングが起きると、いちいちネット上で問題視されることになる。
歌手は明らかに大事務所化しているようだが、いろいろな方法でこの問題を解決している。他にも48グループ(事務所はバラバラなようだが…)やEXILEなどを輩出するLDHがある。48グループは選挙を行い序列の問題を解決している。
すでにレコード会社が歌手を売出す時代は終わり、興行(ライブや握手会など)やファンコミュニティの運営を通じて歌手を売出す時代になっているのだろうなあ、と考えた。その中でグループの大型化が進み、いろいろな対策が講じられているようである。
ジャニーズが他の会社が行っている劇場やスクールに興味を持たないはずはないと思って調べてみるとジャニーズにも総勢40名のジュニアを選抜し、入れ替えるグループ「Twenty・Twenty」という構想があるそうだ。

日本語の母音交替

日本語には不思議な現象がある。例えば稲(いね)は別の言葉(例:穂)を付けると、なぜか「いねほ」とは読まずに「いなほ」と言葉の形が変わる。これを母音交替と呼ぶ。特に多いのが、名詞の語尾の「え」が「あ」に変わるものだ。「あめ」と「あま」のどちらが原形なのかは議論があるそうだ。

  • 雨 => 天の川、雨雲、雨足、雨傘、雨乞い、雨ざらし
  • 風 => 風向き、風上
  • 眼 => 瞼、目の当たり
  • 手 => 掌
  • 胸 => 胸騒ぎ、胸元
  • 声(こゑ) => 声色、声高
  • 金 => 金気、金物
  • 稲 => 稲穂、稲妻
  • 上(うへ) => 上着
  • 酒 => 酒樽
  • 家=>家並、家捜し

このように名詞を足して新しい名詞を作る場合には連濁という現象を伴うものも多い。例えば「あまのかわ」とは読まずに「あまのがわ」とよむ。「か」が濁って「が」になる。声色のようになぜ「わ」が出てくるのか分からないものもあるが、旧かな遣いではこゑ(we)なのだそうだ。
なぜこのような事が起こるかは定かではない。なんとなく読みやすいからそうなると言いたいところなのだが、例えば「稲刈り(いねかり)」のように変わらないものがある。稲刈りは連濁も起さない。また腕(前)、店(先)、壁(際)のように、全く変わらない単語もある。「かべぎわ」のように母音交替はないが、連濁はあるものもある。つまり、ルールらしきものが見当たらない。専門家の間でも意見の相違があるらしく、全ては仮説の域を出ない。
さらに、不思議ものに海原がある。「うなばら」なので、原形は「うね」になりそうだが、実際の原形は「うみ」だ。
普段から普通にしゃべっている日本語だが「これはなぜ」と聞かれると分からないことは意外と多いものだ。

4000人のユダヤ人とNHK解説委員の自殺

ネット上にはさまざまな噂話が流れている。その中の有名なものにダヤの謀略というものがある。世の中がうまくゆかないのはユダヤ人のせいなのだが、それも近々崩壊するだろうというような説だ。この某略説を取るサイトの多くで出回っている4,000人のユダヤ人とNHK解説委員の自殺という有名な話がある。「4000人のユダヤ人」でGoogle検索すると多くのサイトがヒットする。
9.11の際ワールドトレードセンターに勤務する4000人のユダヤ人はすべて病欠していた。これを伝えたNHKの解説委員が5日後に自殺した。多分、ユダヤ人資本に殺されたに違いない。NHKはこれに加担したか、わざと見過ごした。
この話のうち解説委員の自殺は事実らしい。この解説委員が4,000人のユダヤ人の話を伝えたかどうかは確認できない。一部のサイトには『10月10日深夜23時の総合テレビ「特集/あすを読む」』と特定しているものもあるが、情報ソースが単一である可能性もある。
実際にユダヤの謀略があるかどうかは分からない。ただ、この「4000人のユダヤ人」の話はデマらしい。4,000 Jews, 1 Lieによると、イスラエル国籍のニューヨーク在住者(貿易センタービルで働いていたユダヤ人ではない)の数が4,000人だった。情報が錯綜していた当時、「あのような事件を起こすのはユダヤ人に違いないということから、まず中東で伝えられたものがアメリカの新聞に伝わり、ネットからメールで拡散したようだ。
よく、情報の間違いを防ぐ為には引用元を表示すべきといわれるのだが、ユダヤ陰謀説を唱えるサイトの多くが引用元を表示しているが、あまり役には立っていないようである。全く同じ文章が多くのサイトでコピペされている。
インターネットでは多くのページが書かれたまま残り続ける。それを検索するといつまでも間違った情報があたかも真実であるかのように人々の眼に触れることになる。
最後にあやふやな情報を一つ。この解説委員がなぜ亡くなったのかはよく分からないのだが、アメリカで流行っていた噂に流されて全国放送で噂を流布してしまったのでは、などと考えてしまった。この話の真偽はもはや確かめようがない。

映画会社は斜陽時代にどのように対応したか

映画産業は1950年代に黄金期を迎えたが、その後テレビの台頭があり1960年代に急速に斜陽産業化した。ピーク時の動員数は年間11億人で、日本全国に7,400以上の映画館があった。(トピックス: 日本映画産業のピークと斜陽のはじまり
各社は人気俳優に依存する「スターシステム」を取り、「五社協定」(後に六社協定)として知られる俳優の囲い込みを行っていた。しかし、人気のある俳優の引退や流出が相次ぎ、テレビドラマが本格的に作られるようになって有名無実化した。
斜陽への映画会社の対応はそれぞれ異なる。
日活は性風俗を扱う映画(日活ロマンポルノ)を制作するようになった。しかし1980年代には再び行き詰る。アダルトビデオ(AV)の登場でニーズがなくなったからだった。その後、1990年代に一度倒産する。「〜をする」に注目せず、「形」にこだわったことによる失敗と言える。
東映から別れた新東宝や大映のように斜陽産業化してすぐに倒産してしまった会社もある。1980年代に大げさな演出の「大映ドラマ」で知られる大映テレビは大映本体から別れて生き残ったテレビ制作会社なのだそうだ。
「〜をする」に着目した会社は斜陽時代を乗り切った。東映・東宝がその例だ。結局映画会社の強みはコンテンツの制作や経験の提供だ。
例えば東映太秦映画村のようなテーマパークを作ったり、テレビ朝日に出資しテレビコンテンツを作るようになった。また、東宝も多角化し、テレビの制作事業や芸能プロダクションを立ち上げた。1980年代にはアイドル映画も制作するようになる。2000年代には東宝シネマズというシネマコンプレックスを立ち上げ成功を納めている。
ある産業が斜陽化したときにうまく対応するためには多角化が良いということが分かる。結果的に映画制作会社は「コンテンツ制作」という強みを活かし、テレビやテーマパーク向けにコンテンツを制作するのが最も成功率が高い生き残り方である事が分かる。一方、日活のように映画という形にこだわると苦戦する。いったんは乗り越えたと思っても、また別の形(日活の場合はAV)にとって代わられることになる。
興味深いことに、斜陽産業化した映画はその後極端に動員数を減らすことはなかった。つまり、かつて程の勢いはないが全く消えてしまうこともなかったのである。
さらに、テレビと映画の関係はその後面白い展開を見せる。2006年に洋画と邦画の関係が再度逆転した。(邦画と洋画のシェア逆転)背景にあるのはテレビとの連係だ。テレビがヒットすると、スペシャルドラマを作る感覚で映画が作られる。これをテレビで宣伝し流行らせるという方式である。かつては映画を斜陽に追いやったテレビが邦画ヒットの原動力になっているという点は皮肉といえば皮肉といえる。

「やらさせていただく」という間違った敬語について考える

最近「やらさせていただく」という敬語が多く聞かれるようになった。この言葉はEXILE関係の人たちがよく使っているところから、私はEXILE敬語と名付けている。だが、これを間違っていると感じる人たちもいるのである。




この敬語表現はまず芸能人が使い始めたように思える。俳優やタレントは自主公演を除けばオファーがあってはじめて何かができる受け身な存在なので「〜する」よりも「〜させられる」ことが多い。彼らにとっては「(〜の役)をさせていただく」というのは自然な表現だろう。例えばダンサーのMABUさんという人はダンサーに抜擢された喜びを次のように表現している。

まさかATSUSHIさんが僕の楽曲に参加してくれる日が来るなんて、、、2014年にATSUSHIさんの”MUSIC”ツアーダンサーをやらさせて頂いてた頃には想像もしてなかったです!ストリートインディーズの僕と、メジャーシーンのトップアーティストのコラボは国内でも今まで類を見ないと思いますし、個人的にも日本の音楽シーンにとっても歴史的な楽曲だと思います!そんな特別な楽曲を僕の大切なアニキと作れた事を心から嬉しく思いますし、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!聴いて下さった皆さんの夏が最高な思い出になる事を願っています!

https://dews365.com/newpost/150771.html

これが、テレビを通じて敬語空白の人たちに広まったのだろう。

ところがこれを敬語として正しいかと聞くと多くの人が間違っていてこれはないと答えるのだ。質問サイトQUORAでの答えはこんな感じである。概ね否定派である。つまり面接やビジネスシーンで使うと「これはないよね」と言われてしまうことがあるということになる。

「させていただく」は意思決定ができる範囲の差を示している。「〜させていただく」人には自由意志はなく、つねに相手の許可が必要で、間接的に地位が低いことを表現している。させていただくが増殖するのは自身で意思決定できない人が増えたからなのかもしれない。ダンサーのように指名されて仕事が入るような人にはぴったりの言葉である。

しかし、就職活動のインタビューでは「部長をやらさせていただいた」はいろいろと問題がある。この表現には「受身だった」含みがある。自分が積極意的にやったわけではない。周りからやらされたことになる。過剰敬語を防ぐためにも「部長をやりました」もしくは「部長を務めました」くらいがよい。

さらに丁寧語のインフレもある。旧来、取りあえず丁寧にしておきたい場合には、普通「です、ます」などを使っていた。「させていただく」系を使う人たちにとっては「です、ます」では丁寧な感じがせず不安なのかもしれない。だが、「させていただく」は、旧来の敬語を話す人たちには「過剰」だと考えられている(好感をもたれる敬語入門 第5回 「させていただく」の多用は耳障り)ので、ビジネスシーンでは使わない方が無難だ。

させていただくは「する」の使役形だ。これに動詞「やる」を付けると問題が複雑化する。どちらも英語に訳すと「do」になるが、使い方は微妙の異なる。「やらさせていただく」は、「やる」+「する(使役)」+「いただく」となり重複ができる。「やるする」という言葉はないので「やらせていただく」が正しい。ところが形が複雑になると、正しいのか間違っているのかよく分からなくなる。

この分かりにくさが「さ入り言葉」が慣用的になんとなく使われてしまう背景にあるのだろう。例えば「書くする」という言葉はないので「書かさせていただく」は間違いだ。「食べする」という言葉もないので「食べささせていただく」もない。しかし「動詞+させていただく」で覚えるとついつい使ってしまう。伝統的な日本語では五段活用には「せていただく」を使い、それ以外の動詞には「させていただく」を使うののだそうだが、それが曖昧になってきているようだ。

「〜させていだたく」は、敬語として新しい形であるだけで、厳密には間違っているわけではないのかもしれない。言語学的には「言葉は生き物である」と考えられており、ある社会方言的な敬語を間違っているというのは正しい態度とはみなされない。だから、今後正しい用法として受け入れられる可能性はある。しかし、過剰敬語でありビジネスシーンではなんとなく間違っているという印象があるのでビジネスの現場で使うのは避けた方がよいだろう。

サイト内Google検索


Google Recommendation Advertisement



集団的自衛権と解釈改憲

7月1日6時、安倍首相は集団的自衛権の行使容認をする閣議決定を受けてについて記者会見を行い、各テレビ局が中継した。
これを受けてある新聞は「積極的平和に貢献する」と安倍首相を後押しした。一方、別の新聞は「将来戦争に巻き込まれる」と主張している。視聴者アンケートによっては「よく分からない」が最多数のものもある。最終的には「なんだかもやもやした」印象が残った。
「よく分からない」のは当然といえる。もともと「改憲」するつもりだったが、改憲に必要な大多数の賛成は得られなかった。そこで解釈改憲することに決めたのだが、これも公明党の反対を考慮して表現をすこし和らげた。
そもそも、説明から注意深く取り除かれている単語もある。
「密接な関係を持つ国」とはアメリカ合衆国(東洋経済オンライン「集団的自衛権、黒幕の米国が考えていること – 日米安保体制はますます米国の思うまま」)のことだ。だが、安倍首相の説明では最後まで特定の国名がでることはなかった。テレビや新聞は安倍政権のことばかりを伝えるが、アメリカについてはあまり触れられない。そもそも表面上、アメリカが日本にプレッシャーをかけたという事実もない。これがもっとも議論を難しくしている要因だろう。
この「よく分からない」はどのような影響を与えるのだろうか。原発についての議論を見てみるとわかる。日本には原発についての根強い反発がありデモも起きているが、政権には届いていないようだ。
では、推進派が勝利したかといえばそうでもない。日本中で原子力発電所は停止している。補償の問題で立地近隣の自治体が反対しており、手続きが滞っているからだ。近隣自治体は政府発信の情報を信用せず、わずかなリスクも許されないと考えているらしい。そもそも政府は信頼されていない。
政権は「よく分からない」という印象を残してしまったが故に、原発を推進することができなくなってしまったと考える事ができる。情報を隠したのは民主党政権だが、実際に影響を受けるのは自民党である。
このように「よく分からない」という印象はリスクに対する懸念をうみ、政策の実現に害をなすだろう。
集団的自衛権も同じようなルートをたどるだろう。軍事行動に参加したり、実際に自衛隊員の死傷者が出た時点で、支持率が急降下することが考えられる。それは安倍内閣かどうかは分からない。支持率急降下のリスクを怖れた政権は行使に対して慎重になるのではないかと思われる。
その時に拠り所になる憲法はない。明文化された憲法は「解釈やその時の事情でなんとでもなる」単なる文学作品に過ぎないからだ。