GHQの模索した「直接民主主義」と都知事選挙

かつて「自分たちで土地や労働力を出し合って暮らしをよくしよう」という政策があった。高度経済成長下でこうした政策は失われた。そして今、なぜか東京都知事選の隠れた争点になっている。
衛星放送のチャンネルでGHQが作成した啓蒙映画を見た。「腰の曲がる話」というタイトルだ。
女性蔑視が残る戦後の農村で、女性だけの寄り合いが持たれる。きっかけは子どもの病気だ。一家の主人は「子どもを医者にかけるとお金がかかるから祈祷師で充分だ」と主張する。しかし、一向に良くならず医者に見せる事にしたのだ。医者は医療環境を充実させるために、村に保健婦を置くのがよいと提案する。そこで村の女性たちは組合を作る。組合では保健婦の他にも「共同炊事場」や「着物の補修場」が提案される。
「面白いな」と思った。みんなで「協力して」必要なものを作る、いわば直接民主制的なやり方が「GHQのお薦め」だったのだ。政府に金がなく、農村の面倒を見る余裕がなかったのかもしれない。
こうしたやり方は次第に失われてしまった。今では直接民主主義(いわば住民自治)的なやり方は、教育委員会制度やPTAなど形骸化した形で残っているだけだ。自治会も理事のなり手がいないということで解散に追い込まれる例があるそうだ。唯一機能しているのは、都知事などの首長選挙である。だから、あまり東京と関係がない「国民の意思集約」が都知事選の争点になったりする。
農村では、人口が増加し都市近郊の農地が「住宅地」として売れるようになった。都市近郊には土地区画整理組合が作られる。そこで農地を売って住宅地に替えて価値を高める。このようにして、助け合いで農村を維持する必要がなくなる。住宅地提供がその土地の「主要産業」になった。
この流れで出てきたのが、田中角栄の「日本列島改造論」(1972年)などが有名だ。都市とその近郊が潤ったのだから、次は自分たちの番だというわけである。具体的には工場の誘致と高速道路網の整備などが掲げられており、原子力発電への転換についても書かれているそうだ。つまり、東京の小型版を地方に移植して、地域を活性化させようとしたのだ。
「日本列島改造論」は、高度経済成長下の都市では賄いきれないものを地方が肩代わりするという発想だ。この前提が崩れて久しいが、政策としては高度経済成長という大前提を崩すのが難しい。
安倍政権ではここから脱却する為に「公益」という考え方を取り入れて「国柄」を変えようとしている。これが憲法改正の論点の一つになっている。問題点は、では国が行うべき事業とはなにかという点なのだが、そこには答がない。
皮肉なことに、現在の東京都知事選挙の争点は、実は「日本列島改造論」に関連している。高度経済成長期のマインドセットを脱却するか、東京オリンピックの誘致を通じて高度経済成長を気分だけでも味わうかというような選択である。本来は地方が自分たちで考えた方がよい問題なのだが、なぜかまだ時間的に余裕がある東京で議論が進んでいるのである。

価値観がぶつかる – イルカ漁問題の「非人道性」

100x100看過できない問題を説明するために使われる「非人道性」。ところが「シリア内戦」や「無人機による市民の虐殺」など「非人道的」と見なされる行為は多く、ラベリングしただけでは問題は解決しない。
キャロライン・ケネディ駐日アメリカ大使のイルカ漁に反対するコメントが感情的な対応を生んでいる。
『キャロライン・ケネディ大使がイルカ漁に反対声明、自民の佐藤正久氏「地元の伝統文化」と反論』(HUFF POST)
いろいろ考えて「日本人はコンテクストを重視する」という理論を考えたのだが、どうやらそれは正しくないようだ。逆に日本の首相や駐米大使が「日本政府はマクドナルドの非人道的な牛の大量虐殺に深い懸念を表明する」というステートメントを考えてみればわかる。多分、いろいろな憶測を生むだろう。
つまり、ケネディ駐日大使の発言は唐突であり、従っていろいろな反応を生んだものと考えられる。
例えば、駐米大使がアメリカ人向けに「マクドナルド発言」をすれば、アメリカ人はなんらかのアクションを予期するだろう。日本にあるマクドナルドの営業を停止するとか、アメリカからの牛の輸入を「非人道性」を理由に禁止するなどの措置だ。つまり、偉い人の発言にはそれなりの意味合いがあり、行動を伴う。
ところがケネディ駐日大使に「意図を聞いた」人はいない。誰も大使が何かするとは思っていないからだ。彼女の発言は「アメリカ政府を代表している」というよりは、彼女個人のその場の思いつきだと捉えられることになるだろう。
当初は、これを「彼女個人の」と考えたのだが、これも違っているようだ。例えばシリアで虐殺が起きていて、これを非難するヨーロッパのレポートにも「非人道的な」という表現が使われている。世界各国の非キリスト教国で様々な事態が起きている。例えばシリアの国内で殺し合いはとても看過できるような事態ではない。しかし現実には戦闘は止まないので「非人道的」という言葉が登場する。イルカ漁も駐日大使から見ると、シリアの大量虐殺と同じような「ゲームハンティング的イルカの殺戮」行為なのだ。
背景には「理解できない行為」を全て「人道的でない」と置き換える習慣があるのだということが分かる。ところが、アメリカ政府も「非人道的な」行為に手を染めている。例えば、「アメリカも外国に無人機を飛ばして戦争に関係がない市民をゲームのように虐殺しているではないか(CNN.co.jp : 米無人機が結婚式の車列を誤爆、14人死亡 イエメン)」と非難する事は可能だ。米軍側から見ると「意図してやったわけではなく、誤爆」なのだから非人道的ではないという理屈になるのだろう。
価値観の擦り合わせをしたいなら、大使に対して「イルカ漁を考え直す代わりに、非人道的な無人機による外国市民の殺戮を中止する用意があるか」などと冷静に聞いてみてもよいだろう。
このように「非人道性」を巡る議論は大変難しい。これを読んで「伝統的イルカ漁をシリアの大量虐殺と同列に扱うのはいかがなものか」という反発は当然予想される。また、日本の伝統を守りたいと考えつつも、アメリカとの同盟を大切だと考える人たちもいるだろう。そういう人たちは「話しをややこしくするな」と考えるだろう。
ところが現実的にはこれらはすべて「非人道的」というラベルが付けられているというのも事実なのだ。

ネットコンテンツにおける要約の大切さ

100x100要約は重要だ。文章の最初に要約を持ってきたところ、1.5倍から2倍程度ページビューが伸びた。たくさんの人に読んでもらいたい記事では気をつけたいポイントである。
ページビューが伸びた原因は「共感されやすさ」だ。要約を読めば結論が分かるので、Facebookの「いいね」が付きやすかった。結論はどちらでもよい。読者の中には幅広い価値観を持った人がいるからだ。
利点は他にもある。要約が最初についた記事は誤解を防ぐのに役立つ。ネットには「要約サイト」が出回っている。筋だけを使われて、結論を一般常識に合わせて変更される場合があるらしい。少しでも複雑な論は読み飛ばされてしまうようである。
このように利点が多い要約だが、問題もある。
すぐには答えが出ない問題を考えたい場合、結論を急ぎすぎると考察が先に進まない。「結論が出るまで発表しなければよいではないか」と思われるかもしれないが、公開することによって書くモチベーションが得られる。中にはよい知恵を持っている人が現れるかもしれない。
いずれにせよ、ネットの読み手は驚く程時間が足りないらしい。最近、こんな例を読んだ。
河野太郎(息子)が河野洋平(父親)と混同されて、「河野談話」で非難されることがあるそうだ。中には河野洋平が亡くなっていると誤認している人もいるそうである。「少し調べればわかる」はずなのだが、必ずしも期待はできないのだ。
さて、要約が大切なら「文章そのものを短くすればさらに読んでくれる人が多くなるのではないか」とも思える。ということで、前回の「ボーダー柄は太って見えるか」とこの記事(ネットコンテンツにおける要約の大切さ)は実験として文章を短くした。少なくとも今のところ「読む時間は同じ」らしい。つまり、長くても読み飛ばされるし、短ければもう少し詳細が知りたいと思うのではないかと類推される。

デザインする事と描く事

20131015_mock少なくとも描く事ができなければ、実行することはできない。デザインの現場では手描きを軽視するべきではないだろう。少なくとも描いたものと作ったものは合致しているべきだ。だから、スナップ全盛なら、スナップで使われるボディラインも描けるようにならなければならないということになる。
毎日のように服の記録を取っていて思ったことがある。直立姿勢を別にして(これはこれで難しいのだが)バリエーションを付けるのは難しい。写真を見ただけでは、どのように姿勢を作っているのかが分からないのだ。見よう見まねで作ってみるが、どこかぎこちない。すぐに動けなければ意味がないし、特定の場所だけでできても「できた」とは言えない。
いろいろと考えた結果、スタイルを暗記することにした。そこで紙と鉛筆を取り出す。標準的なものをいくつか選び、それを描いてみる。お手本があるとなんとか描けるが、なしで描くのは難しい。つまり、覚えていないわけで、覚えていないものは描きようがない。そして覚えていないことはできない。
この関係は、音楽と楽譜の関係に似ている。中には聴いただけで弾けるという人はいるだろうが、たいていの場合は音楽をそのまま暗記するのは難しい。だから、楽譜を見て覚えるのだ。
ファッションの場合、楽譜に当たるシステムはないと言いたいところなのだが、実際には人のポーズの描き方には決まりがある。丸、四角、円柱といった形を組み合わせて人体を形作って行く。特に肩のあたりに特徴があり、肩を柔軟に動かすことによってバリエーションが作れるようである。
描けるようになったからといって即座に実行できるというものでもない。しかし、最初の一歩にはなる。例えば、描いた通りにやってみてできないことがあるのだが、この場合、正面は描けていても横が描けないといった具合に理解できていない部分があるのだ。描けるということは理解ができているということなので、あとはその通りに実行できるように練習すれば良い。
このように考えてみると、新しく何かを作るということは、頭の中にあるものを「記述する」ことができるということであるということが分かる。記述するにはベーシックな決まり事があり、それを一つひとつ覚えて行かなければならないのだ。
「絵が描けない」という気持ちが強いので、とても抵抗がある。毎日少しずつ覚えて行けば、プロ並みとはいかないまでも「なんとかなる」くらいには仕上げられる。また、分からない形があったとしても基本的な形に落とし込んで行けば、理解の助けになる。音楽でいう楽譜のようなシステムが作られるのだ。
さて、この「手を使って描く」というのは、実はなかなか難しい。パソコンが導入されてしばらく経ち、デザインの最初から手描をしないということがあり得る。グラフィックデザインの現場でも「最初からPhotoshopで」ということはあり得るだろうし、そもそも先生が手を使ってデッサンが描けないということだって考えられるのだ。
何が何でも絶対に鉛筆でなければならないということでもなさそうなのだが、全てをIT化してしまうことも難しい。特に、身体的な行為が関係している場合、手を使って線が引けるということは、形を手が理解しているということにつながる。だから、手描きを軽視すべきではないだろう。
ファッションデザインには確立された「きれいな人体のフォルム」というものが存在するらしい。いわばバレエの基本ポーズみたいなものだ。しかし、ストリートやスナップが全盛の今「崩した身体」がきちんと描けるデザイナーというのは、どれくらいいるのだろうかとも思う。標準化されていないものをちゃんと描くのはなかなか難しいはずだ。

写真から色を取って洋服のデザインに活かす

20140101一度やってみたかったのだが、意外と簡単にできたので、発表してみる。写真からカラーパレットを抜き出して、Illustratorで使える人形に色をつけるプログラムだ。
まずは、Illustratorなどで人形を作り、それをSVGにして出力する。SVGファイルは直線だけで作る必要がある。
次に、写真を読み込んでパレットを出力するプログラムを使って、パレットを抽出する。使い方は簡単で、イメージのURLを読み込むだけだ。PHPとGDライブラリが必要。
さらに、jQueryを使って、パレットをドラッグ可能にする。ドロップできる箱を準備して、そこにチップをドロップするとSVGのクラスの属性が変わるようにする。
今度はPinterestなどを使って、きれいな画像を集める。この画像を読み込むと、中で使われている色から上位25が抽出される。
あとは、好きなように組み合わせて人形に色をつけて行く。
「簡単に使える」とは言っても、ブラウザーの制約を受ける。例えば、jQuery-uiはiPadなどでは動かない。また、SVGをHTMLに読み込めるブラウザーも限られているらしく、手元で試したところではSafariでは動いたが、FirefoxやOperaでは動かなかった。
光がある条件下にある時のパレットが「調和してみえる」という特性があるらしい。また、サラダなど「おいしそう」に見えるものにも調和してみえる特性があるようだ。カラースキームは補色などをつかって説明されるのだが、実際は視覚的な記憶が調和色を作ってみるものと思われる。
図の写真はPinterestで見つけたもの。もともとはアフリカの日暮れだそうだ。このパレットをAfrican Sunsetなどという名前で登録する事もできる。MacintoshにはWebサイトをプリントするようにしてPDFで出力する機能がある。このファイルをIllustratorで開くとパレットを読み込むことができる。
ちなみに、写真には著作権があり、人形のシェイプにも著作権があるはずなので「右から左へデザインが作れて便利ですね」と主張するつもりはない。しかし、美しく見える写真からインスピレーションを受けることは可能なので、学習に使ったり、コラボレーションの一貫として利用するにはよいのではないかと思う。
下記はWikipediaのサラダの写真から抜いたもの。トマトとサラミの赤がきれいだ。
20140101-02