Google検索で名前を売る方法

世の中には匿名で意見を言いたい人もいれば、自分の名前を売りたい人もいる。コンサルタントのような人たちは記名付きの記事を増やして、信頼を醸成する必要がある。また、何かあったときに信頼できるコンサルタントを「知っている」事も重要だ。今のところ、ネットにはこうしたつながりを記述できるフォマットはないのだが、google plusがこうした機能を担う可能性がある。
実際に検索してみると次のような写真付きの記事がヒットすることがある。google_kensaku
googleにお金を払って登録してもらっているわけではなく、個人が自分で設定している。設定のやり方は簡単な3ステップだ。以下、手順をご説明したい。
まず、ブログのhead部分に以下のようなコードを付ける。その為にはgoogle plusのアカウントが必要なので、ない人はこの際作っておきたい。hrefにはgoogle plusのプロフィールページを記述する。

<link href="https://plus.google.com/112686945113811468123" rel="author" />

次に、Google Plusのプロフィールページの「寄稿先」にサイトのURLを登録する。業界紙に記事を書いていて、個人でも情報発信をしているような人はどちらの記事も同じアカウントで対応できる。
登録には時間がかかるらしいが、一週間くらいあればクロールしてもらえる。Wordpressを使っている場合には、さらに簡単に実装できる。「google author」や「google plus」というキーワードで検索すると、プラグインを見つけることができる。同じ記事をいろいろな所に配信している人はインデックス登録してもらえないことがある。有名な方が優先されてしまうので、自サイトの記事を配信する場合には注意が必要だろう。
記名入りの記事が、劇的にトラフィックを増やすということはないだろうが、検索するたびに名前を見ることになるので、累積的な信頼性は増すはずだ。
この方法をプロモートしたいと思った理由はいくつかある。最初の理由は最近Twitterのアカウントを凍結されたからだ。予告無く凍結される可能性があるサービスだけに依存するのは危険だ。
次の理由は、こうしたネットワークが必要とされていると思うからだ。会社が経済活動の主役だった時代には、専門家のネットワークは特に必要とされなかった。上司に言われて競争しながら働いていれば良かったからである。こうした働き方は「所属型」と呼べる。ところが現在必要とされるのは、専門家が役割を分担しながら働く「チーム型」だ。チームを形成しようにも、専門家がどこにいるのかが分からなければ、形成できない。
100x100現在のネットには意外とプロフェッショナルな意見をまとめられるツールが少ない。例えば、ジーンズに詳しい人が、ブログを使ってプロフェッショナルな見解をまとめる。その記事を読めば「この人の記事をフォローしてみたいな」という気持ちになる人もいるだろう。google plusはグループを細かく分けて管理できるので「アパレルの専門家」といったグループを作れる。同じように「ジャーナリズムの専門家」もグループ管理できるはずである。
こうしたプロフェッショナルなネットワークは、ネット界の有名人(いわゆるアルファブロガや識者)以下、個人の情報発信者以上というポジションにあたる。もちろん自前で紳士録を整備することもできるが、強力でみんなが使っているプラットフォームがあれば、それを使った方がよい。
FOAFなどで個人管理をしていた時代には「これからは人と人のつながりをネットが記述するようになるだろう」と主張しても、単なる絵空事だと考えられていた。今ではTwitterやFacebookといったツールがあり、こうしたアイディアを笑う人は誰もいない。ニーズがあるサービスはやがて使われるようになる。
ただし、googleはSNS分野facebookに負けた過去がある。仕組みが複雑で広がらなかったのだ。このように、全く新しい所から別のツールが台頭してくる可能性はあるだろう。

日本の製造業が衰退してしまったわけ – モノ消費とコト消費

自己否定に走る日本の製造業

週刊ダイヤモンドのその記事はちょっと憂鬱なものだった。日本のモノづくりももはやこれまでかというようなトーンだ。パナソニックがプラズマテレビから撤退し、関西にある工場は中国や日本のその他地域に逃げて行ってしまう。新しいヒット商品も生み出せそうにない(つまりユーザーのニーズが分からない)のでBtoBに移行することでその危機を乗り切ろうとしている。
このように最近の経済ニュースには憂鬱なものが多い。遂には「経済ニュースは本当に役に立っているのか」という自己否定とも取れるような考察まで飛び出すようになった。

所有から幸福な経験の追求に移行する成熟市場

しかし、この状況をじっと眺めていてもよいアイディアは浮かんできそうにない。こういうときは外にアイディアを求める方がよいだろう。一つは『選択の科学』のように、ユーザーが選び取る喜びについて研究することだ。購買=選択がイベントだという考え方である。
「幸せを買う方法」というLA Timesのコラムを見つけた。このコラムによると、100万ドルを手に入れて理想の家を買ったとしても、その人はあまり幸福にはなれないのだそうだ。幸福感を増すためには「経験」を買う必要がある。旅行、コンサート、特別な食事などがそれにあたる。コラムではこうしたものを買う行為を「経験購買」と言っている。
さらに、他人に何かをごちそうする事でも幸福感は増す。つまりは、他人と一緒に何かを楽しむと、その人はより幸せになれるというのである。記事では、スターバックスで自分にコーヒーを買う、他人に奢る、他人にコーヒーを奢りなおかつその人と一緒に時間を過ごすという3つのオプションを比較して幸福度を測っている。他人にコーヒーを奢ってなおかつその人と一緒に過ごすのが一番幸福になれるというのだ。
プラズマテレビを買っても、一人で見ていては幸せになれない。どんなに画質がよくても、大きくてもバカバカしいだけである。つまり消費者はテレビを買っているわけではなく、テレビを見るという経験を買っている。そもそも、みんな忙しくてテレビなんかみている暇はないのかもしれない。

別々のフレームをごっちゃにして議論すると分からなくなる

こうしたことを主張するのはアメリカ人の経済行動学者だけではない。別のブログではゴールデンウィークの支出を「コト消費」と「モノ消費」にわけて分析したうえで、モノ消費に関しては「デフレ的な消費行動」が示されていると結論づけている。
この分析を読むと、どうして出口が見つからないのかという点が明確に示されている。デフレ・インフレという金融・経済用語と、マーケティング的なニーズの分析は本来別物だ。両者は異なったドメインに属する用語だが、よく混同される。物が売れないこと=デフレではないし、マーケティングでモノが売れるようになってもインフレにはならない。こうした用語の混じり合いが気にならないのは、私達がもはや論理的な解決を諦めているからだ。心配が多く忙しいのでよく考えている時間がないのかもしれない。だから専門家も分かっていながら、ごっちゃに書いてしまうのだろう。
実際に、自分たちの行動に当てはめてみるとよく分かるだろう。つまり何か「モノを所有して消費する」という経験に関しては、必要最低限で済ませようという気持ちが働く一方で、(できれは気に入った人と)楽しい経験をしようという経験にはそれなりに支出している。それだけ市場が成熟し「単に持っているだけでは満足できない」という市場になっているということになる。
つまりは、過去のメンタリティで成熟した市場を分析しているために、なんらかの通訳が必要になっている。記事は「選択性が強い」という別の要素を仄めかして分析を避けている。ひどい場合には「若者に欲望がなくなったので、車を買わなくなった」などと世代論に落とし込む人もいる。
購買=所有という思い込みは、エンターテインメントに対する分析にも当てはまる。ソニーはエンターテインメント部門を持っている。例えば「映画」の価値は、家や本棚にディスクをたくさん並べてコレクションすることではない。おいしいものを食べる口実に映画館に行くとか、同じ映画をみて感想を述べ合うなどの広がりがある。こうした楽しみ方は「ソーシャル」と呼ばれ、今や一般化している。しかし、映画作りとテレビ作りをいっしょくたに考えると、映画とはすなわちポリカーボネートの板の事だという誤認が生まれる。発想が制限されることになり、ビジネスの幅が狭まる。

自己否定の必要はなく、ちょっとだけ見方を買えてみればよい

「幸福を求めるために消費する」というのは簡単なコンセプトだ。しかし、長時間残業でくたくたになったスタッフが、多くの部署に別れた30人ほどに電子メールでCCしながら、会議を重ねてアイディアを絞り出そうとしていると、とても難しく感じるに違いない。特に「是が非でもテレビを家に置いてもらいユーザーを幸せにしなければならない」となると、ほぼ解けないパズルになってしまうだろう。それよりも、会議室を出て、家族とゆっくりとした時間を過ごした方がいい。
100x100乱暴にまとめると「製造業は、働きすぎて、何が売れるのか分からなくなってしまった」ということになる。成熟した市場では「効率」だけでは不十分で「心地よさ」が重要になるのだと分析してもいいが、多分実感した方が速いのではないかと思う。
苦しみながら自己変革のアイディアをひねり出そうとすればするほど、泥沼にはまるだろう。既にリソースは持っているのだから、製造業も経済学者も自分自身の過去を否定して変える必要など少しもないのだ。

ヒトラーの思想はいかにして生まれたのか

今回は多様性について考えている。英語やドイツ語では健康な状態を「whole」という単語で表現する。これを日本語にすると「まっとうな」だろうか。ここから何かが欠落すると流れが失われる。流れが失われると何が起こるのかというのが今回のテーマだ。極めて単純にいうと、暴走が始まるのである。
ヒトラーはオーストリアで生まれた。父親は私生児(つまり、祖父が誰だということが分からない)だったのだが、その事は後に問題になる。画家を志すが挫折し、ウィーンの底辺で生活する。このころに様々な「思想」に触れる。当時、ドイツ民族はそのアイデンティティを模索中であり、ロシアでは社会主義が姿を現しつつあった。ヒトラーが身につけたのは、そうした知識の寄せ集めだった。今で言うと、ネットで集めた知識を元に偏った思想を強化してゆくのに似ている。

ヒトラーが寄せ集めの知識から思想をでっちあげる

ノーマン・デイヴィスは、『ヨーロッパIV 現代』の中で、白人に共通の気質を見つけようという取り組みを「有りもしないもの」と一刀両断にしている。つまり、アーリア人というのは科学的事実ではなく、思想(あるいは幻想)であるということだ。
ともかく、ヒトラーはそうした知識を寄せ集め、「思想」を作り上げた。ドイツをドイツ人の手に取戻すということと、そのためにはドイツの東側に生存のための領域が必要だというのが、その主旨だ。
いったんはクーデターのような形で政権奪取に失敗した後、大衆を煽動することに成功した。ここから彼は民主主義のルールを一切破らずに、ドイツ全体に君臨することになる。

でっちあげられた思想が現実を変えようと取り組む

『ヨーロッパIV』を読み進めると、いささか気分が悪くなってくる。思想が寄せ集めなので、冷静に考えれば論破できそうなものなのだが、ドイツ国民はヒトラーを支持した。第一次世界大戦にも負けて、多分「考えるのを止めた」のではないかと思う。唯一この狂気を説明できる論理は次のようなものである。
思想が寄せ集めの場合、現実との間に差違が出てくる。すると普通は「ああ、思想が間違っているんだな」と考えるだろう。しかし「現実が有るべき姿ではないのだ」と考えることも可能である。つまり、現実から「有るべきでない姿」を切り取ってしまえばいい。
ヒトラーに率いられたドイツ人はまさにそれを実行した。ポーランドの知識層を殺し、近隣諸国に攻め入り、ユダヤ人や障害者などを「効率的に」抹殺しはじめた。今もって何人のユダヤ人が殺されたのかは分かっていないものの、だいたい400万人から600万人が殺されたそうである。

現実をいくら変えても、出発点が間違っていては、幸せになれない

しかし、ヒトラーはそのことで幸せにはなれなかった。極秘裏の調査の結果、自分の祖母がユダヤ人らしい家庭に奉公していたことを突き止める。確かな証拠はないものの、自分がユダヤ人の血を引いているかもしれないのである。部下に命令を出し、故郷の村を爆破する。
ヒトラーは「全ての権威あるものが自分の価値を認めている」と主張しつつ、言いようのない自信のなさにうちひしがれる。ソ連軍が検死した時には「自分で自分を去勢しようとしたのでは」という疑いがかけられたそうだ。自殺する直前まで結婚をしなかった。『ヨーロッパIV』では自分が父親になることを怖れた可能性が仄めかされている。
一言で表現すると「狂っている」で終ってしまうのだが、ヨーロッパ全体がこの狂気に巻き込まれたというのはまぎれもない事実である。民族や国民国家という概念が急ごしらえで作られていた、この当時のヨーロッパには「それぞれの価値観を持った人たちが、共存する」という多様性は失われ、純粋さを取戻すという名目で、大規模な殺人が効率的に行われることとなった。
多様性が失われたことでこうした暴走が起こったというよりも、実は健全な状態には多様性が含まれていると考えた方が分かりやすい。状況が不健全化すると「純化しなければ」という運動が起こり、自身を攻撃し始める。これが「多様性を損なう」ことになるということだ。そこで起こるのは成長どころか、自身の破壊である。
また、現在の欧米人のエリート層はこうした歴史を学んでいるというのも重要な点だろう。だから「国民国家」という概念に対して懐疑的な見方をするだろう。それを考えると、日本人の手に日本を取戻すというような主張が、どのように響くのかということがよく分かるのではないかと思う。

ハイル・ヒトラーの意味

多様性について考えている。前回までに、多様性は「動きのある状態」だと考えた。異なった価値観が同じ場に共存するというようなイメージだ。まだ、それがどのような意味合いを持つのかは分からないのだが、取りあえず、違った価値観がぶつかると新しいアイディアが生まれ、それが豊かさにつながるのだと、いささか功利的な説明をしている。
この「多様性」を考えるに当たって、対極にある「排他性」を考えてみることにした。最初はユングあたりを読んで、ヒトラーについて言及しようと考えたのだが、『エッセンシャル・ユング』などのユング研究書はナチズムに関する言及を避けているように思える。(実際にはユングはナチズムについて発言をしているらしい)また、ユングは曼荼羅を書いて「ああ、今日は心が乱れているなあ」とか「今日はよくできた」などと観察している。その関心はもっぱら自分の心の中を向いているようだ。

ハイルというドイツ語は「完璧な状態」を示す

その代わりに見つけて来たのが、「ハイル(heil)」という表現だ。普通「ハイル・ヒトラー」は、ヒトラー万歳と訳される。しかし、この単語は英語ではwholeを意味する一般的な形容詞なのだそうだ。Google翻訳を通してみると、heilは「ヒール」すなわち「癒す」となる。どちらかが誤訳というわけではなさそうだ。つまり、英語やドイツ語では「完全な、全体である」という用語と健康な状態を同系統の単語で表現するようなのだ。英語の辞書でwholeを引くと「健康な」という定義が最初に来る。つまり、全体性を回復する動きが健康になる、癒されるというイメージである。これが「完全な」というイメージにつながる。
また、ナチス式の敬礼は「ローマ式」だと考えられているらしい。これを理解するには、少し歴史を見る必要がある。西ローマ帝国が崩壊してかなり経ったあと、ローマ教会は神聖ローマ帝国を後継に選んだ。これが徐々に「ドイツ人の帝国」を形成する。実際には1つの国ではなく、他民族を含んでいた。この神聖ローマ帝国は、「フランス皇帝」ナポレオンの時代に崩壊した。神聖ローマ帝国の皇帝はローマの権威とは関係がない「オーストリア皇帝」になり、ハンガリーと合邦してオーストリア・ハンガリーを形成する。
つまり、ドイツ人は、ローマ人の後継だという漠然とした自負はあるものの、現代的な意味での「ドイツ人意識」というものは持っていなかった。そもそも「ドイツ人」という言葉が何を意味するのかという明確な定義は今もってない。長い間神聖ローマ帝国の人たちは「ドイツ人」意識を明確に持つ必要がなかったのかもしれない。言語としては明確に他者と区別されるドイツ語を話しているのだし、指導者層として役割も明確だったからだ。しかし、その自意識は結局の所、ローマ教皇に与えられたものであり、自分たちで作り出したものではなかった。
アドルフ・ヒトラー(オーストリア出身)が台頭し、カール・グスタフ・ユング(スイス人)が「人格の統合」について取り組んでいた時代のドイツ人たちは「自分たちがどのようなアイデンティティを持つか」という点について確かな見解が持てない、とても不安定な時期にあったのだということが言える。

古い枠組みがこわれ、急ごしらえのアイデンティティが作られる

ここから徐々に作られるのが「アーリア民族」という意識だ。ヨーロッパの中のドイツ人という位置づけから、世界を指導するインド・ヨーロッパ系の正当な代表だという意識が無理矢理作られる。そして、インド・ヨーロッパ系ではないユダヤ人が排除されるようになるのである。インド・ヨーロッパ系を広く指す「アーリア民族」とそもそも定義のはっきりしないドイツ人はイコールではない。そこで「〜ではない」人たちを置く事によって、自分たちの優位性と純粋さを証明しようとする。
排除すべき他者ができると、社会の弱くてみにくいところを「ユダヤ人」に押し付けるようになる。しかしながら、なぜそうした思想を持つようになったのかはよく分からないし、それがどうしてドイツ人に広く受け入れられたのかも、なんだか分からない。
つまり、最初から細部の整合性を欠いた思想であり、それが行動に移る事で、さらに支離滅裂な単なる大虐殺へとつながって行ったのだと考えられる。
ドイツは結局第二次世界大戦に破れて、長い間分断していた。これが戦後再統合されて、ヨーロッパの中のドイツ人という新しい意識を作り出したのだった。

多様性が失われるのは、その社会が危機にあるからだ

100x100興味深いのは、このようにめちゃくちゃになった状態で、人々が陶酔しながら「全体」とか「健康な状態」を意味する言葉を叫んでいたという点だ。つまり「全体の調和が乱れて、不健康な状態であったから」こそ、このように叫び続けなければならなかったのではないかと考えられる。つまり、純粋さや均質さに対する指向というのは、逆にバラバラになりつつあるという危機意識の裏返しに過ぎないのである。
この「多様性を認めない時代」の分析から分かるのは「多様性がある状態とは、あるまとまりが包括的にスムーズに流れている状態健全な」ということだ。
「ヘイトスピーチ」が危険なのは、極論すれば、攻撃対象になっている人たちが「かわいそう」だからではない。それは「ヘイトスピーチ」を叫んでいる人たちがバラバラになりつつあり、それに気がついていないからだといえる。彼らはもしかしたら「異物の排除」に成功するかもしれないが、それでも問題は解決しないに違いない。いったん気が抜けたようになり、更なる獲物を求めてさらに過激な行動に出るしかない。