ネアンデルタール人(Neanderthal)

AERAの記事を読んだ。我々の遺伝子の中にネアンデルタール人由来のものが少しだけ含まれているのではないかというものだ。4%程がネアンデルタール由来で、中東で交雑したあと、世界各地に広がったのだそうだ。母系から伝わるミトコンドリアを使った解析ではネアンデルタール人の痕跡は見られないということだ。すると父系がネアンデルタール人だったということになる。
5万年前―このとき人類の壮大な旅が始まったによると、人類は150人程の集団が一回だけアフリカを出た。その子孫が中東を経て世界各地に広まったのだそうだ。
これ以上、膨らませようがない話題なのだが、なぜか気になる。ネアンデルタール人は脳がいまの人間よりも大きく、体も発達していた。肌の色は白く、顔はいまのコーカソイドのように凹凸があった。しかし、言葉を使う能力が発達していなかったとも言われている。どうして絶滅したのか、現世人類との競争に負けてしまったのかという点にはいろいろな論争があり、はっきりとしない。あまり群れの人数が広がらず、遺伝子的なバリエーションが増えなかったのが原因なのではないかという説がある
なにせ何万年も前の話なので、いろいろな説が飛び交う。しかも父系だけがネアンデルタールだったとすると、少ない集団で、たまたま何回か、あまり言葉が話せないネアンデルタール人の男が、ホモサピエンスの女性を押し倒したというような光景が浮かぶ。
ネアンデルタール人が滅んだ(あるいは現世人類に吸収されてしまった)のに我々が滅びなかったのは、社会性の有無だったという説がある。しかしアフリカから出るのに成功したのは150人の小集団だ。しかし、この数が人間が自然に組むことができる集団の最大数だ。現在では60億人いる人類も一度は10000人から2000人程度に減ったのだという。
ここまで大きなスコープでみると、人類の格差というのは我々が考えているほど大きなものではないことが分かるし、もともと10000人程度の集団にまでさかのぼることができるのだから、父系で2000年程度つながっている家系というのも、さほどの純粋さではないということが分かるだろう。また、人種的な違いというのも我々が考えているほどおおきなものではないということが分かる。
ほんの小さな遺伝子的な差違が、ちょっとした性質の違いを生む。そこから社会性が生まれることで、いったんは絶滅しかかったものの、我々は生きのび、ある時期から人口を増やした。中には「遠くまで行ってみよう」と考えるほんのわずかな集団が生まれる。それがたまたまライバルが少ない新天地を見つけ、異質な人類との交雑も行いつつ、世界各地に広まって行ったのである。
私たちの社会を分析すると「どうして人を殺してはいけないのか」「なぜ人は嘘をつくのか」「どうして我々は着飾るのか」といった疑問を持つ事がある。理論的にこの問いに答えることはできないかもしれない。たぶん「たまたまその方が都合が良かったから」だけかもしれないし、どうしてもそうしたいと思ったからだけなのかもしれない。故にこれが正義であるかどうかは分からないのだ。

インストラクションの構造

インストラクションとは

インストラクションは、ゴール、手順、エラー指示から成り立つ

行動の指針を与えることをインストラクションという。例えば「自転車の乗り方」「卵料理の作り方」はインストラクションだ。『それは情報ではない』では、インストラクションは、ゴール(目的)、手順(目的に至る方法)、エラー指示(間違えた時の情報)を含む。
「ニュース」・「ファッション雑誌」も広い意味のインストラクションに含めることができる。たとえば「洗顔石けんを使うとお肌がつるつるになる」という広告では「お肌をつるつるにする」ためには「この石鹸を使え」というのがインストラクションだ。つまりマーケティングメッセージはインストラクションなのである。
しかし人は合理的な情報だけを頼りに行動しているわけではない。敵を発見した猿は警戒音を出す。すると他の猿たちは取りあえず逃げる。こうした情報を「アンビエント」と呼ぼう。インストラクションとアンビエントの違いは、インストラクションが合理的に行動を支援するのに対して、アンビエントは合理性を欠いているところだ。例えば、ジャーナリズムはインストラクションになり得るが、闇雲に危機をあおり立てるアンビエントにもなり得る。アンビエントは合理的な手順を与えないので、人々を不安に陥れることがある。情報が多過ぎると、人は合理的な判断ができなくなる。だからインストラクションをアンビエントとして捉えてしまうかもしれない。

優れたインストラクションとは

受け手のレベルを考慮した情報提供をしよう

優れたインストラクションは、受け手のレベルにあった情報を提供する。例えば、初心者は具体的で明確なインストラクションを求めるが、状況が変わったときに応用が難しい。「右にコンビニが見えたら曲がってください」という指示は具体的で分かりやすい、しかし、コンビニがなくなれば意味をなさなくなる。学習が進むと、頭の中に物事の因果関係をまとめた地図ができる。初心者は地図が白紙のような状態にあるので、関係のある手がかりを具体的に与える必要がある。しかし、地図が作られている人にとっては具体的過ぎる地図は煩雑なだけだろう。つまり、インストラクションを書く時には、受け手がどういう状態にあるのかをできるだけ特定する必要がある。

合理的でないインストラクションも考慮しよう

学習者が持っている地図は必ずしも合理的に形成されない。テレビCMで理想的な体型の美男美女がジーンズ着用しているのを見たとする。そのジーンズを着ても美男美女になれるわけではないのだが、見た人は「なんとなくそれを着るときれいになれそうな」気がする。テレビコマーシャルの多くはこうした連想手法を採用している。こうした可能性も排除せず考慮しよう。

インストラクションを並べてカリキュラムを作る

インストラクションを並べる体系を考えよう

個別の地図を作るだけでは、インストラクションとしては不十分だ。たとえば、水泳のインストラクションは難易度順に並べられている。人はインストラクションを通じて簡単な目標を達成すると、そのことに喜びを感じる。これが次の学習の動機になるだろう。優れたインストラクションは学習の動機が継続するように組み立てられている方がよい。逆に最初から難しい課題を与えると学習者はそこに到達する前に諦めてしまうだろう。学習過程を組み立てたものをカリキュラムと呼ぶ。カリキュラムは学習者の習熟に応じて組み立てられている必要がある。課題が単純すぎれば人は退屈するだろうし、難しすぎれば諦めてやめてしまうだろう。よいインストラクションは、学習者の状況、習熟度、好み、適性などに応じて注意深く組み立てられている。

インストラクションのモジュール化

学習者が一人の場合、その人に相応しいカリキュラムを作るのはそう難しいことではない。しかし学習者が1,000人いたら、それぞれの人に合ったカリキュラムを作る作業はより複雑になるだろう。現実的な対応策は学習プロセスを標準化することだ。公立小中学校は「学習指導要領」を作ってカリキュラムを標準kしている。
もう一つのやり方は学習目標を、ある目的に沿って細分化するやり方だ。たとえば「旅行で不自由しない程度の英語」とか「1年同じ卵料理を食べなくてすむ朝食の作り方」という具合にカリキュラムが組める。目的を設定すると、その目標を達成するために必要な道具立てが決まる。こうしたまとまりをバンドル(束)と呼ぶ事にする。
たとえば革細工を作る「男の革小物入門」という架空のインストラクションを見よう。このやり方は地図の作り方に似ている。最初に目的地を教え、地図を提示して、実際に歩いてもらうのだ。

  • イントロダクション:革は昔から工芸に使われていた。革細工のやり方を覚えると、市販されている高価なアクセサリーと同じようなものも案外簡単に作る事ができる。また、世界に一つだけしかないオリジナルのデザインも簡単に作ることができる。イントロダクションでは学習のゴールが設定される。
  • 概要:革にはいくつかの種類があり、使い分けられている。また、革には塗装が施されている。革の部分によって繊維の伸びやすさが違い…。こうして学習者の頭の中に最初の地図を作る。
  • ツールボックス:まず最初に習得すべきは、革を切る、編む、穴をあける、革を張り合わせる、縫うという動作だ。これを覚えたら、ボタンやスタッズを付けるという作業を覚える。このために必要な道具は…。さらに、学習者が地図を持って歩く方法を教える。

いよいよ地図を片手に歩いてみる。革細工の本は簡単なプロジェクトを提案する。

  • まず、革に慣れるために、携帯ストラップを作ってみよう。携帯ストラップを作るために必要な技能は…。

もちろん全ての人が革のストラップを作りたいと考えているわけではないだろうが、ストラップ用の革ひもは入手しやすいし、必要な技術も少ない。だから、学習者は簡単にストラップを作る事ができる。一回散歩の楽しさを覚えたら次の挑戦は小さなポシェット作りだ。ポシェットは縫い込みの作業が必要なのだが、ボタンを付ける必要はない。ポシェットプロジェクトで学習者は革の側面を磨いたり、縫いひもをロウ引きしたりという基本的な作業を覚える。
こうしていくつかのプロジェクトを通して、学習者は当初の目的である革小物の作り方を覚えて行く。ここに業務用革カッターやミシンを使った作業が出て来たらどうなるだろうか。学習者は学習を継続できず、それ以上の学習を中断してしまうだろう。このようにバンドルは必要なツールボックスを定義するのだが、同時にツールボックスがバンドルを拘束する。だからこの本を読んでも革細工職人として生計を立てて行くことはできない。一方で全ての人がプロの革細工職人になりたいと思っていないのも確かだ。

インストラクションの課題1:サポートシステム

エラー処理は難しい

革小物の作り方は「完全インストラクション」だ。目標と道具立てが明確に結びついている。そして各カリキュラムで実行しなければならない行動も明確に理解できる。これはインストラクションの設計者が地図をつくりながら散歩コースそのものをデザインしているからだ。しかし、いずれ2つの問題が起こるだろう。本に書いてあるプロジェクトを全部こなしてしまって、何か新しいものをつくってみたくなるかもしれないし、問題にぶち当たるかもしれない。
新しいものを作ってみたい人は次のバンドルを探せばいい。しかし、サポートシステムは「想定外」の動作なので標準化が難しい。何が分からないかは学習者によって異なるということは、インストラクションの設計者が地図を持っていないということだ。ある人はツールの使い方に問題があるのかもしれない。またある人は地図が作られていないかもしれない。またある人はバンドルにない作業をやろうとしているのかもしれない。さらにインストラクションを誤解したまま学習してしまった人もいるだろう。エラー処理を定義するのは難しく、個別に覚えて行くしかないのである。
最初に行なうべきことは、想定外の行動をより多く集めることだ。それをまとめて情報として提供する。こうした情報は必ずしも体系化されていないのだから、いくつかの手法で検索用のインデックスを作るか、人力で必要な情報を探してやる必要がある。人によって検索用語が異なっているかもしれない。

インストラクションの課題2:不完全インストラクション

学習環境を全て定義できないこともある。

たとえば、ニュース番組は人々に行動の指針を与えるために提供されている。しかしながら、バリエーションが豊富に提供されると、もともと発信者が持っている地図と受信者が持っている地図がずれてくる。場合によっては受信者はまったく地図を持っていない場合があるのだが、発信者はそれに気がつかない。また受信者はどこで地図を得てよいかが分からない。地図がないのに、散歩コースばかりが提案されるのが「不完全インストラクション」だ。この問題の原因はニュースの発信者がニュース全体のデザインを担っていない事だ。どういう情報を持っていれば、新聞が理解できるのか、つまりどういうツールボックスが必要な情報バンドルなのかをニュースは定義していない。不完全インストラクションは、インストラクションの担い手がすべての情報を管理できないとき起こりやすい。不完全インストラクションの担い手は、受け手が持っている地図や目的地を確認しつつ、できうる限り明確なインストラクションシステムを再構成する必要がある。

インストラクション情報構築

今回のシリーズでは、インストラクション情報の構築について見てゆく。インストラクション情報構築について考察すると、たとえばこういうことができるようになる。

  • バラの育て方についてのウェブサイトを作ったり、本を書いたりすることができる。
  • 英語の勉強方法についての情報教材を作る事ができる。
  • 家電の操作マニュアルが作れる。
  • 新人教育のためのマニュアルを作る事ができる。

インストラクションとは「〜のやり方」という意味だ。たとえば、「モテるための服装改造」もインストラクション情報だ。そこからさらに発展させてゆくと「ファッション雑誌」全般もインストラクション情報ということになる。しかし、卵料理の作り方、英語の話し方、ファッション雑誌には、なんら共通点がないように思える。つまり、卵料理の作り方にはあって、ファッション雑誌にはないなんらかの情報があるのだろう。
このインストラクションの方法を構造化することで、次のような検討ができるようになる。

  • 本や雑誌に何を振り分けて、ウェブでどんな情報を与えることができるかを検討することができる。これを突き詰めて行くと、そもそも本にはどんな独自性があるのだろうかということを考えることができる。本当に紙の本はなくなってしまい、すべてが電子書籍に置き換わってしまうのだろうか。
  • ファッション雑誌の編集者は、卵料理の教材からヒントを得て、新しいコンテンツをつくることができるかもしれない。ニュース番組はファッション雑誌と同じ構造を持っているのだが、どうして池上彰さんがもてはやされているのかが分かる。
  • 「瓶入りオレガノ」のマーケティング担当者は、自分たちの製品を売るためのコンテンツを、独自で企画することができる。瓶入りオレガノは、トマト料理や卵料理にとってどのような意味を持っているのだろうか。

さて、インストラクションに入る前に、現在のウェブサイトやオンラインコミュニケーションの現状について見て行こう。流行したTwitterなどはアンビエントと呼ばれるようになった。アンビエントとは環境という意味だ。アンビエントを理解するためには、猿の群れについて観察してみるといい。敵を発見した猿は警戒音を出す。警戒音を聞いた猿は理性的な判断をする前に逃げる。群れが逃げはじめると動かなかった猿も後を追う。その内猿の群れは全体で警戒音をならしながら逃げて行くのである。このように社会性を持った動物は、他者の動向をモニターしながら暮らしている。オンラインコミュニケーションは、論文のようなインストラクション情報から始まったのだが、情報量が膨大になるにつれて、アンビエント情報を扱う事ができるようになった。
Twitterではタイムラインを通して他人が何に関心を持ち、どんな反応をしているのかを知る事ができる。個々の情報には意味がなく、情報の総体に意味があるのがアンビエントということになる。ソーシャルメディアにはこうしたアンビエントとしての特性がある。
しかし、ソーシャルメディアの特徴はアンビエントだけではない。インストラクション情報上でも重要な情報を持っている。インストラクション情報を扱う人は、アンビエントとしての特徴を理解した上でソーシャルメディアを組み合わせることができるようになるだろう。
今日のこの情報は、本でいうと「序章(Preface)」にあたる。全体を動機付け、どのような読者の関心をひくかを定義する部分だ。しかし、通常、ブログ記事にPrefaceが置かれることはない。ブログ記事は短時間で読まれることを前提としている。滞在時間が5分を越えることはないだろう。インターネットの記事はこのように断片化された情報を扱うことが多い。
これは必ずしもオンラインコミュニケーションが断片的な情報を扱うのに長けており、本は長時間読むのに向いているということではない。しかし、実際にはそのような使い分けがされることが多いのだ。
たとえば、ホームセンターでミニバラを買う。すると、顧客は本を買わずに、インターネットで「ミニバラの育て方」を検索する。いくつかのサイトがヒットする。ここで必要な情報を得る。肥料が必要だということが分かるとアフィリエイトリンクをたどって入手する。ミニバラを育ててしばらくするといろいろなトラブルに見舞われる。もしくはいろいろなミニバラを集めてみたいと考えるようになる。こうなると本の出番である。
本のよいところは、ミニバラについて体系的に学ぶ事ができるという点だ。大抵のバラの本は季節ごとに記事が並べられている。これは植物を育てるための作業が季節に固有のものだからだ。最後に基本的な情報(たとえば、肥料や土の種類など)が並べられている。しかし、これだけでは本のボリュームが足りないので、よく売られている有名なミニバラが図鑑としてつけられている。
ここに本の特質が表現されている。

  • 本はリニアプレゼンテーションである。つまり、最初から最後まで読み進めて行く。リニアプレゼンテーションにはいくつかの利点がある。まず必要な情報を網羅することができる点だ。たとえば、インターネットで調べると剪定の情報が漏れるかもしれないのだが、本は最初から最後まで読み進めてゆくことが必要なので、情報に漏れがない。
  • ある程度のボリュームが必要である。物流コストがかかり、取次店を通すので、ある程度の価格で販売する必要がある。ミニバラ図鑑を付け加えたり、バラの育て方の一部としてミニバラの育て方が解説されていたりするのはこのためだ。

ミニバラの育て方は、もうすこし大きな分野の一つのセグメントを形成している。バラの育て方の一部であり、ガーデニングの一部でもある。ミニバラ、バーベナ、アイビーと同じような情報を集めて行くと花壇を作る事ができる。花壇を作るためにはレンガを扱う必要がでてくるかもしれない。ミニバラは花壇を作るための一つの要素だ。
花壇を作ることは一つの目標だ。この目標に沿って要素を集める。要素を集めて行くと共通する部分がでてくる。土の作り方や肥料のやり方などは一つにまとめることができる。ミニバラとハーブでは土の作り方が違うのだが、これをいちいち覚えるよりも基本的な土の作り方を覚えてから、ハーブ用のアレンジを覚えた方が早い。
このように、ある目標を最初に設定してから、その目標を達成するための要素を集めていく方が効率的だということがいえる。目標は、個別の要素を束ねるための約束事ということになる。ここでは「バンドル」と呼ぶ。束という意味だ。
バンドルには、様々なものがある。たとえば「イングリッシュガーデンを作る」はバンドルだし、「簡単に育てられる植物だけで気軽にベランダーガーデンを作る」もバンドルだ。バンドルは限られたセットの要素からなっている。イングリッシュガーデンを作るためのセットは、芝の育て方、レンガの積み方、イングリッシュローズの育て方などだ。この要素一つひとつをツールボックスと呼ぶ。バラの育て方は「ツールボックス」だ。この道具箱の中には肥料のやり方や剪定の仕方などの個別の要素がつまっている。バンドルは、作業レベルを定義したり、スタイル(イングリッシュ風の庭やシノワズリの庭)などを定義する。
ツールボックスを前提にバンドルを組む事もできる。たとえば「直線縫いだけで作るスカート」のバンドルでは、曲線や立体裁断を行なわない。曲線縫いは難しいので、限られた道具だけで、目標を達成することができるように作られている。
このバンドルが優れていると、その本には値段をつけることができる。つまり情報が希少でなくても、バンドルの仕方によっては価値を生み出すことができるのである。本には「編集力」が必要だというのは、情報のバンドル方法には価値があるというのを出版業界的に表現した言葉なのだ。
いったんバンドルが形成されると、そこにスタイルが生まれる。一度スタイルが形成されると、そのスタイルに沿って情報を足して行くことができる。「基本のトマトソースで作る簡単料理」というバンドルで本を出版する。その読者向けに基本のトマトソースで作る料理のレシピをウェブサイトで案内することができる。
このレシピはツールボックス程のオリジナリティはない個別の要素だ。これをバリエーションと呼ぶ。バリエーションは無料で公開してもよい。そもそもの本を売るための宣伝になるからだ。本だけでなく追加素材(たとえば乾燥オレガノなど)を売る事もできる。
基本的なインストラクション情報のツールボックスは、ツールボックス・バンドル・バリエーションだけだ。これを組み合わせることで情報の設計ができてしまうのである。この詳細を具体例を見ながらさらに考察してゆく。