フィンランドで右派のストゥブ大統領が誕生 核兵器の域内通過を容認

フィンランドで大統領選挙が行われた。昨今の大統領選挙は泥試合になることが多いのだがフィンランドの大統領選挙は国営放送を見ながら「どうやら私が負けたようだ」と素直に認めるという穏健なものであったと伝えられている。これこそが民主主義のあるべき姿だと賞賛する人がいた。

表面的な穏健さとは裏腹に安全保障上は大きな意思決定が行われた。これまで中立を貫いていたフィンランドはNATOの核の下に収まり域内の核兵器通過を容認するものと見られている。核兵器に対して拒絶反応が強い日本にとっては非常に考えさせられる内容だ。

ヨーロッパでは「脱アメリカ」の議論も始まっている。ドイツの軍事産業のトップがNATOが脱アメリカを目指すにしても10年程度はかかるだろうとの見通しをBBCに伝えた。これも日米同盟に依存しきっている日本から見ると非常に考えさせられる内容である。

日本の政治は「政治とカネ」の問題に夢中だが世界情勢は大きく変化しており通商国家である日本にとっては極めて厳しい状況になっている。これまでの安全保障議論の枠組みであった左右対立ではもう議論を扱えないのだ。

“フィンランドで右派のストゥブ大統領が誕生 核兵器の域内通過を容認” の続きを読む

ドイツに続きフランスの農民もトラクター反乱 一部はパリ封鎖を目指す

先日ベルリンがトラクターで封鎖されるというニュースを見た。どうやらこの動きはパリにも広がっているようだ。「パリを封鎖する」と息巻く農民たちがトラクターに乗って反乱を起こした。先日首相になったばかりの「イケメン首相」のアタル氏は牧草を前に集会を行い農民たちをなだめているが農民の一部はいまだに怒っている。

農民たちの怒りの理由は多岐にわたる。環境に配慮しすぎた「意識高い系」の政策がフランス政府の頭越しにEU議会から押し付けられている。小売業者は農産物を安く買い叩きたがる。穀物市場は世界的にリンクしており価格が乱高下する。外国からは安い農産品が輸入されてくる。これらの要素が重なったが最終的に「ディーゼル燃料の値上がり」が引き金になり農民が蜂起した。フランスだけでなく先進国で農業を維持することが難しくなっていると言うことがわかる。France24によると同様の抗議はフランス、ドイツ、ルーマニア、ポーランドで起きているそうだ。

“ドイツに続きフランスの農民もトラクター反乱 一部はパリ封鎖を目指す” の続きを読む

フランスの警察労組が「パリオリンピック割り増し手当」を要求しデモを敢行

オリンピックや万博はかつては国家の威信を示すために有効な手段だった。だが今ではどういわけか問題を引き起こすことの方が多くなっている。日本の東京オリンピックや大阪・関西万博を見ればそれは明らかだが、同じようなことがフランスでも起きている。警官が割り増し手当を求めてデモを行った。要求が満たされないならストも辞さないと言っている。

国家の面子にこだわる当局はできるだけ警官を刺激しないように交渉合意を急いでいるそうだ。だが割り増し手当を要求しているのは警察だけではない。医療従事者をはじめ、パリの地下鉄、鉄道、バスの運転士、街路清掃員など自治体職員と特別手当の交渉を進めているとAFPは書いている。

“フランスの警察労組が「パリオリンピック割り増し手当」を要求しデモを敢行” の続きを読む

リベラル受難の時代 マクロン政権が「学校での制服の義務化」と国歌教育の義務化を検討

マクロン政権が公立学校での制服の義務化に向けて試験導入を行う。同時に国歌を学校で教えることを義務化すべきであるとも表明した。「フランス人としてのアイデンティティ強化」を狙った動きと考えられる。日本のリベラルは「世界ではこんな政策が実施されている(世界とはたいていヨーロッパのことだ)」とフランスやドイツを引き合いに出すことが多いが、そのフランスで「愛国教育」に向けた右傾化の動きが始まっていることになる。

右派は「それ見た事か」と大喜びだろうがこれもちょっと考え直した方がいい。おそらく団結は敵を必要とする。つまり団結は排外主義とセットになっている。

“リベラル受難の時代 マクロン政権が「学校での制服の義務化」と国歌教育の義務化を検討” の続きを読む

ドイツで農民反乱 トラクター10,000台で首都の交通が麻痺状態に

CNNが「ドイツ全土で農家らが抗議デモ 首都まひ状態、極右支持拡大」という記事を出している。ベルリンで農家が抗議デモを行い一時首都の交通が麻痺したというニュースだ。このニュースだけではよく内容がわからないのだがBBCは独自調査で「極右がかなり浸透しているようだ」と伝えている。排外主義的な「ドイツ第一主義」のメッセージが増殖しているそうだ。ドイツの農民たちの苛立ちはかなり危険な方向に向かいつつあるようだ。

“ドイツで農民反乱 トラクター10,000台で首都の交通が麻痺状態に” の続きを読む