イラクの首都で衝突が起き30名以上が死亡。だが本当に死につつあるのはイラクの民主主義。

イラクの首都で衝突が起き30名以上が亡くなった。アメリカの影響力が薄れつつあるイラクでも結局議会制民主主義が崩壊しかけている。今回の中心人物はシーア派のサドル師という人物である。議会・政府が腐敗しているため、話し合いによる議会制民主主義から脱却しサドル師による救済を求める人たちが多いようだ。結局サドル師が支持者たちに「反乱をやめるように」と要請したことで騒ぎは落ち着いた。内外に向けてサドル師の影響力を誇示した形である。

“イラクの首都で衝突が起き30名以上が死亡。だが本当に死につつあるのはイラクの民主主義。” の続きを読む

リビアの首都トリポリの武力衝突で23名が死亡。これまでの背景を簡単にまとめる。

CNNが「リビア首都で武力衝突 死者23人、負傷者140人」という記事を出している。ところがこの記事には細かな背景が書かれていない。リビアでは2014年から内戦が起きており衝突が既定事実化しているからである。とはいえこの記事だけを見てもよくわからないので背景を調べてみることにした。背景にはフランスとイタリアの権益争いもあるようだ。NATO加盟国が競合しているため「西側」対「専制主義国」という構図が作りにくいのかもしれない。

“リビアの首都トリポリの武力衝突で23名が死亡。これまでの背景を簡単にまとめる。” の続きを読む