通貨秩序崩壊 アルゼンチンの狂乱物価はハイパーインフレーションと言えるのか?

新しい大統領の元で導入された金融経済政策が原因となりアルゼンチンの物価上昇が天井知らずになっている。ついには200パーセントを超え「アルゼンチンはハイパーインフレーション状態に入った」と言う人もいる。確かにグラフを見るとインフレ率が「指数関数的に」増えているように見える。だが、通貨切り下げの一時的な副作用にすぎないと言う人もおり今後の行方が見通せない。そもそもハイパーインフレーションには科学的な定義がなくアルゼンチンで起きていることがハイパーインフレなのかを定義できる人はいないそうだ。ハイパーインフレとは別に「狂乱物価」という用語もある。こちらも主観的な用語だが国民生活に大きな影響が出る。

“通貨秩序崩壊 アルゼンチンの狂乱物価はハイパーインフレーションと言えるのか?” の続きを読む

公共放送が15分間に渡ってめちゃくちゃに 国家統制を失いつつあるエクアドル政府

エクアドルの公共放送が占拠され15分に渡って大混乱状態に陥ったという。なぜこんなことになったのかを順を追って調べてみた。占拠された時の映像はYouTubeなどで見ることができる。日本で言えばNHKのニュースに暴徒が乱入したという感じだが中には自慢げに爆発物をひけらかす人もいてまさに「やりたい放題だな」という感じだったようだ。一種のテロだが参加している人にはそれほど悪気もなさそうだ。国家統治という常識が崩壊していることがわかる。

エクアドルは典型的な「バナナ共和国」でまともな国家体制が作れなかった旧スペイン領国家の典型的末路と言える。だが、今では状態がさらに悪化しておりギャングが統治する国になりつつある。難民の発生源になりかねないためアメリカ合衆国がかなり慌てている。非常事態宣言を出しているノボア大統領がアメリカに介入を要請するかが現在の注目ポイントだ。

“公共放送が15分間に渡ってめちゃくちゃに 国家統制を失いつつあるエクアドル政府” の続きを読む

アルゼンチンで壮大な社会実験が始まる 通貨ペソが一夜で半値に

アルゼンチンに新しい大統領が誕生した。チェーンソーで「既得権をぶっ壊す」としていたが、最初にめった切りになったのは国民生活だった。一晩で通貨ペソが半値になりしばらく経済は混乱するだろう。省庁の数は半分になり公共事業なども中止される見込みだ。閣僚は国にはお金がないと繰り返し強調し「これから強烈なインフレがやってくる」として国民に耐え忍ぶように訴えている。

“アルゼンチンで壮大な社会実験が始まる 通貨ペソが一夜で半値に” の続きを読む

南米に新たな領土紛争の萌芽 ベネズエラがガイアナの一部を巡り住民投票を計画

ある国の支配者が別の国を併合したい時に「民主的に選ばれた」と主張することがある。この時に便利に使われるのが国民投票だ。ベネズエラがガイアナの7割を占めるエキセボ地区を狙っている。沖合に次々に油田が発見されているという地域だという。地域住民は無視されており貧しい状態に置かれているようだ。いずれにせよ軍事衝突を伴う領土紛争になる可能性があり周辺国は警戒を強めている。

“南米に新たな領土紛争の萌芽 ベネズエラがガイアナの一部を巡り住民投票を計画” の続きを読む

唯一の先進脱落国のアルゼンチンでチェーンソーを振り回す大統領が誕生 ミレイ氏の勝利が確定

アルゼンチンの大統領選挙が終了した。決戦投票において現体制を代表する候補にミレイ氏が競り勝った。マッサ候補が敗北を認めたためミレイ大統領が誕生することになる。

ミレイ氏は新自由主義者とも極右とも呼ばれる。選挙期間中はチェーンソーを持ち歩き「全てを破壊する」と宣言していたそうである。勝利が確定するとアメリカ合衆国のトランプ前大統領やブラジルのボルソナロ前大統領から祝福を受けた。どちらも現在の政治に飽き飽きしている人たちから熱烈に支持された大統領だった。

アルゼンチンは先進国から脱落した唯一の事例として知られる。このためアルゼンチンの政治は日本の好ましくない未来像の一つという文脈で語られることがある。

“唯一の先進脱落国のアルゼンチンでチェーンソーを振り回す大統領が誕生 ミレイ氏の勝利が確定” の続きを読む