日本・韓国向けのビザ発給停止 中国政府の感覚はなぜ世界とずれ続けるのか

話がおかしい人が一人混じっていると全体の空気が微妙になることがある。国際コミュニティにおける中国政府の対応にはどこかこうしたチグハグさがあり世界を困惑させる。日本と韓国向けのビザ発給を停止したようだ。報復とみられる。どうしてこんなことになったのか。

“日本・韓国向けのビザ発給停止 中国政府の感覚はなぜ世界とずれ続けるのか” の続きを読む

「そうだ数えなければいいんだ」中国で画期的なコロナ対策が発明される。

デモという「直接民主主義の成果」でゼロコロナ政策を転換した中国が新しい対策方法を発明して話題になっている。統計手法を見直しコロナ死者の認定を厳格化した。このため統計上の死者は激減し中にはゼロの日もあったという。これに慌てているのがWHOだ。緊急事態宣言を収束させる検討をしていたようだが中国の動向次第ではこれができなくなりそうだ。さらにそもそも中国で何が起きているのかが掴めなくなっており事務局長が懸念を表明している。

“「そうだ数えなければいいんだ」中国で画期的なコロナ対策が発明される。” の続きを読む

ゼロコロナ政策解除後も中国を苦しめ続ける4つのDとは

中国でゼロコロナ政策が解除された。しかし、急激な政策変更によりちょっとした混乱に陥っているようだ。学生たちのデモにより政策が動いたことで「成功体験」を味わった人たちが大勢いる。しかしながら彼らがここで満足することはないだろう。この先中国は4つのDと呼ばれる変化に晒されることになる。この4つのDに対して今回成功体験を得た人たちがどのように行動するのかは誰にもわからない。

“ゼロコロナ政策解除後も中国を苦しめ続ける4つのDとは” の続きを読む

江沢民元国家主席も亡くなり、ジャック・マー氏などの中国富裕層が銀座の高級クラブに逃避

江沢民国家主席が亡くなった。中国は追悼ムードだというが一部では習近平国家主席への反発がありSNSでは追悼メッセージが削除されるというような動きも起きているという。コロナ禍で苦しむ人々が改革開放路線の時代を懐かしんでいるのだ。一つの時代が終わった感じがある。日本とはあまり関係がない動きのように思えるのだが、実はその影響が出ている。脱市場主義の動きがあり逃避してきた人たちがいる。「東京の高級クラブ」が彼らの新しい活動拠点になっているそうだ。

“江沢民元国家主席も亡くなり、ジャック・マー氏などの中国富裕層が銀座の高級クラブに逃避” の続きを読む

中国のコロナデモでBBC記者が一時拘束され、国際問題に「昇格」する

中国で厳しすぎるコロナ対策に対するデモが行われている。各地で起きている抗議運動は必ずしも習近平体制の転覆を狙ったものではない。だが、要素は複合的で一部はすでに国際問題化している。ただし西側が介入すればするほど政府は反発を強めかねない。おそらく一つの要素だけであればこれほど大きな問題にはならなかったのだろうが偶然が重なったことで騒ぎが拡大している。それにしてもワールドカップの影響は意外だった。中国政府は「発展する世界の中国」をアピールしようとしたが一部住民は異なった受け取り方をしたようだ。

“中国のコロナデモでBBC記者が一時拘束され、国際問題に「昇格」する” の続きを読む

中には体制批判も 中国各地でなんらかの抗議運動が広がっているようだ

中国各地でなんらかの抗議運動が広がっているようだ。中には習近平氏に退陣を求める声もあるという。テレビニュースを見ていると漠然と中国全土が大変なことになっているような印象を受けるが、どうもよくわからないので情報をまとめてみた。実は2つの塊があるようだ。また報道の新しい役割も見えてくる。見出しによって印象を作っているメディアもあればSNSから情報を拾い出そうとしているメディアもある。

“中には体制批判も 中国各地でなんらかの抗議運動が広がっているようだ” の続きを読む

胡錦濤氏が共産党党大会からつまみ出された問題で新たに分かったこととまだ分かっていないこと

党中央大会で胡錦濤氏が「つまみ出された」問題で憶測が広がり続けている。新しく分かったこととまだ分かっていないことをBBCの「胡錦濤氏の退席めぐる謎、新たな映像で深まる 中国」をもとに短くまとめた。習近平氏が中央大会でコントロールができないのは前の最高実力者である胡錦濤氏だけだった。それを「排除」したことで全てが習近平氏のコントロール下に入ったという印象がついた。

“胡錦濤氏が共産党党大会からつまみ出された問題で新たに分かったこととまだ分かっていないこと” の続きを読む

習近平国家主席の「権力委譲ショー」で我々が見せられたものは何だったのかを考える

中国で習近平国家主席の3期目が始まった。当初の予定通りライバルたちが排除され習近平氏に近い人たちに取り替えられた。途中で胡錦濤前国家主席が退席を余儀なくされるというハプニングがあったがショーはなにごともなかったかのように粛々と続けられた。今後の中国情勢を見る上で「ああそういえばあの時」という歴史的イベントになりそうだ。今後、中国との関係をどうするのかは立場によって意見が異なるのだろうが「何かおかしい」という違和感は無視してはいけないようだ。

“習近平国家主席の「権力委譲ショー」で我々が見せられたものは何だったのかを考える” の続きを読む

ミシェル・バチェレ氏が中国の人道犯罪の可能性を指摘した重み

ミシェル・バチェレ氏の退任に合わせて国連が中国の人道犯罪の可能性を指摘したレポートを発表した。人道犯罪の可能性に踏み込んだことでこれまで以上の重みを持ったレポートになった。ただし「ジェノサイド」との認定は避けた。

ネットでは「中国を罰することができない国連の発表など無意味だ」と指摘する人がいるのだがバチェレ氏が指摘した意味は非常に大きいのではないかと思う。中国が指摘するような「西側の代表者」ではなく、バチェレ氏自身が拷問を受けた経験を持っているからだ。

同じ痛みを共有する人が淡々と調査を続けてきたからこそ信憑性の高い報告書になっている。

“ミシェル・バチェレ氏が中国の人道犯罪の可能性を指摘した重み” の続きを読む

が意外旅行客が戻らない中、中国の景気回復の遅れは日本の観光業にも影響を与えそうだ

二週間前の8月10日にNHKが外国人観光客の受け入れを再開したが6月と7月の2ヶ月間に訪れた観光客は8000人だけだったと伝えている。上限は1日に2万人だが1日平均でおよそ310人にしかならないそうだ。

  1. 中国の海外渡航が厳しく制限されている
  2. ビザの取得や陰性証明の手続きが面倒で時間がかかるうえ、個人旅行を好む欧米の観光客の入国が低調

このうち日本のメディアが重点的に伝えているのは「自由旅行が制限されておりニーズにあっていない」という点だ。一方、中国からの旅行客の現象についてはあまり注目されていない。そのうち戻ってくると考えているのだろう。

“が意外旅行客が戻らない中、中国の景気回復の遅れは日本の観光業にも影響を与えそうだ” の続きを読む